Picks
494フォロー
7346フォロワー
【徹底調査】過熱する不老物質「NMN」の本当とウソ
NewsPicks編集部
【完全解説】ゼロから学ぶ、不老長寿の最先端
NewsPicks編集部
仲田 将之チームラボ デジタルアート開発者
1. 情報が古いですねー。Dr. Brad の Youtube 見てから記事書いたほうが良かった。 まず、カロリー制限による長寿命化とサーチュイン遺伝子は無関係だったことが分かってきています(サーチュイン遺伝子の有無に関係なかった)。 さらに、NMNなど(NAD+の前駆体)には発がん性が指摘されています。NADが合成される経路は複数あり、安全とされるナイアシン(ビタミンB3)もNADの前駆体の一つでNAD+欠乏症の治療効果が確認されています。また、ナイアシンアミド(ビタミンB3の一種)にはNAD+の分解(ナイアシンアミドの生成)を抑制する効果も期待されています。 NAD+のレベルはなぜ下がるのか。これは老化細胞の増加が原因ということがわかってきています。つまり順序が逆だということです。 NR & NMN Research 2021 / Another Longevity FAD? https://youtu.be/YBWQNsWi9lc 最新 NMN 研究 2021|nobnak @nobuyuki_nakata #note https://note.com/nobnak/n/n3282b6df9779 2. メトフォルミンについても調べたので記載しておきます。 メトフォルミンはAMPKを増やす効果があり、それによってオートファジー(体の新陳代謝) を活性化します。つまり老化細胞を減らす効果がある。メトフォルミンを摂取した糖尿病患者の寿命は、健常者のそれより長いことが知られています。 一方でAMPKの上昇はmTORを減少させ、タンパク合成を阻害します。運動するとmTORが上昇し筋肉が回復&成長するはずなのにメトフォルミンを摂取するとこれが阻害されることがわかっています。 またメトフォルミンには乳酸アシドーシスやビタミンB12の欠乏症を始め様々な副作用があるので(処方薬です)摂取時には定期的な検査が必要です。 Metformin vs Berberine | Anti-Aging Is Possible In 2021? https://youtu.be/OPsMMfSQKQ0
2867Picks
NORMAL