Picks
18フォロー
6050フォロワー
小室圭さん “解決金”を支払って金銭トラブルを解決したい
TBS NEWS
坪田 信貴坪田塾 塾長/ビリギャル著者
天皇陛下は「国家と、国民統合の象徴」です。 皇室は、それに準じる方々。 皇室は、長年にわたり国民に寄り添ってこられました。 「国民に寄り添う」 このキーワードこそが全てかと。 例えば、他人が、その時には「あげたものだよ。返済しなくていい。頑張りなさい、お祝いだよ」と多額の金銭的な援助をしてくれたとします。 何年か経って、自分が大人になり、「やっぱり返してもらえないかな」と言ってきた時に、 「いや、あれは貰ったものですよね。法的に返済する義務はないです」 と突っぱねて、揉めるというのは、 道義的にどうかと思うのが普通というか、「日本国民のあるべき姿」としてどうなのかな? と多くの人が思っているというのはむしろ健全なことだと思います。 どうように、「私たちは皇室に生まれたくて生まれたわけじゃないんだから、誰と結婚したっていいでしょう? お金だっていらない!」という感覚が仮にあるのであれば、 これもまた「税金で暮らしてきた」という現実が重くのしかかり、 これまた国民に寄り添っていると言えるのかな?という疑問を抱かせるように思います。 とはいえ、心から安らげる方と苦労しながら好きな方と結婚するというのは大切にしたいですよね。
菅首相 2週間程度延長の方針表明 1都3県「緊急事態宣言」
FNNプライムオンライン
NORMAL