Picks
4103フォロー
8428フォロワー
妻が海外赴任、即「同行!」 キャリア形成は夫婦一緒に
日本経済新聞
安東 暁史株式会社Showcase Gig 人事マネジャー / 国家資格キャリアコンサルタント / GLAYファン
これ、記事では触れられていなくて美談みたいになっていますが、退職時には会社とは揉めたと思いますよ。 そもそも配偶者同行休業制度を設けている理由は「育てた人材を(配偶者の海外赴任で)失いたくないから」です。で、この制度って大きく分けて①退職させて帰国時に再雇用を認めるパターンと②休職にして、帰国時に休職復帰させるパターンの2種類があります。 ①の場合は一旦雇用関係がきれるので、社内制度上の勤続年数がリセットされたり、再雇用の試験で落とされたり、現地での就業が自由だったりメリデメがあります。 ②の場合、確実に復帰できること、勤続年数も年金などもリセットされないことなどのメリットがある反面、現地での就業ができなかったり社員も本人も社会保険料を払い続けるデメリットがあります。 この会社が②を設けている理由は、「退職→再雇用だと帰ってきてくれるか分からない。ぜひ戻ってきてほしいから社員の身分のまま送り出そう」だと推察されます。労務費が発生することは承知の上で。 という前提がある中で「やっぱり帰国したら転職します」というのは、揉めたんじゃないかなあ。本人にとっては年金も雇用保険も継続しているので(保険料を払わないといけない)デメリットはありつつもメリットは大きいし、なにより履歴書に在席空白がないのは良かったですねと思いますが。
42Picks
日本企業で「出世する人」たちが「保身クズ野郎」ばかりになってきた“意外なワケ”
マネー現代
「日本の就活」が陥るガラパゴス化、グローバル人材確保を遠ざけている実態
Diamond Online
NORMAL
Premiumを無料で体験
登録・ログイン