Picks
68フォロー
8950フォロワー
2人のベテラン経営者率いるXTech Venturesが最大100億円規模の新ファンド
DIAMOND SIGNAL
鈴木 秀和(株)アトラエ 取締役CFO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
【週末に学ぶ】事業再生だけではない。PE投資の「7つの型」
NewsPicks編集部
鈴木 秀和(株)アトラエ 取締役CFO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
729Picks
第1回 プレイドの上場準備・審査プロセスについて
note(ノート)
鈴木 秀和(株)アトラエ 取締役CFO
内部管理体制の整備、特に職務権限規程(権限移譲:タテの階層)や業務分掌規程(ヨコの範囲)の設計は、ビジネスモデルのみならず、会社のカルチャーや価値観を勘案した体制構築が必要という意見は共感します。 一方で、共同推薦体制は負担増よりもメリットが大きいという点は個別事情の要素が極めて大きいため、全てのディールに当てはまるわけではありません。むしろ共同推薦証券(オファリングを統括する共同ブックランナーとは役割が異なります)のメリットを享受できるディールは少ないというのが私の実感です。正確さと柔軟性などを兼ね備えた質の高い上場準備コンサルティングか否かは、担当者の力量に影響しますが、共同推薦による審査やコンサルティングで網羅性を担保できる場合は、両者の力量に差がある場合などです。東証のHPのリリースを拝見すると推薦証券は結局1社のような気がしますが、共同推薦で準備は進めて、最終的には1社で申請したという事なのでしょうか。 共同推薦にしても共同ブックランナーにしても、健全な牽制を働かせるという事は意識しつつも、発行体は、証券会社をはじめとするステークホルダー全員が、同じ目的を達成する“仲間”だと思える関係性を構築できると良いと思います。
65Picks
「日本の大企業はオワコン」と信じ込む人の盲点
東洋経済オンライン
鈴木 秀和(株)アトラエ 取締役CFO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
232Picks
NORMAL