Picks
114フォロー
2026フォロワー
【1万人調査】若者vs.中高年「価値観ギャップ」の全貌
NewsPicks編集部
鈴木 絵里子MPower Partners マネージング・ディレクター
世代間の価値観の違いは、グローバルには様々な政治的結果として大きな影響を及ぼしてきた近年ですよね。 日本ではまだ明確な衝突の様なものは起きていないかもしれませんが、とにかく、個人的に興味津々のトピックでもあるため、主なギャップを体系だってピックアップくださり、勉強になりました! そんな中も、終盤に指摘のある、「如何に対話をしていくか」と言うことが、そもそもの、根本として、とても重要な点だと感じるため、その対話のスキルに関するインサイトを深めたいです。そんな追加特集に期待します! 一つ一つのギャップそのもの以上に。やはりそれについてどうお互いに話すかと言うコミュニケーション方法自体、世代間で異なる傾向があるため、どう埋めていくかが非常に難しいと感じています。 やはり比較的前の世代の方は、前例などを元に根拠がなくても「こうあるべき」と論じる中、若い世代は、記載もあった通り「一意見として提示して欲しい」と言うようなコミュニケーションスタイルですよね。 コミュニケーション方法についても、生涯学習・リカレント学習の促進に期待するのみでしょうか。考えていきたいです。
2874Picks
【竹田ダニエル】Z世代的価値観は、現実的なウェルネスの現れ
NewsPicks編集部
鈴木 絵里子MPower Partners マネージング・ディレクター
一つの世代を語ることは簡単ではないと思う中、ダニエルさんの分かりやすいと同時に思慮深い総括に感謝です。 (ちなみに、自分はVC業務の副業として、ウェルネスのコミュニティを運営しているのですが、運営者自体は世代的には多様ですが、対象としている方々のマインドは、まさに次世代=Gen Zやその次の世代と言われるGen Alphaです。そのため本件は特に共感させて頂きました!) Z世代的な価値観とは、ウェルネスを体現しようと言うとても人間らしいジャーニーなのではないか、と私も感じました。 Gen Zの方々は今、色々な苦しみや葛藤もあると思いますが(特にメンタルヘルスの課題)、僭越ながらとても勇気づけられています。 Great Resignationにも見られる通り、何のために無理をして働くのか?と問いていますね。 この新年の時期も、アメリカのこれまでのムードが少し変わっているように感じます。「年末はとにかくバカ騒ぎして発散して、新年はまたアグレッシブに目標を立てる」ことが見直されているように思います。 なぜ、年末しかゆっくり休めないのか? なぜ、新年だからと言ってさらに成長を追い求めさせられる必要があるのか? など問われている。 コロナ禍のBLM運動もやはり一つの大きなカタリストであり、社会の根本的な不平等の上に今の行き過ぎた資本主義が成り立っていることが露わになってしまった。さらには、米国での裏口入学スキャンダルで、能力主義(メリトクラシー、日本で言う「親ガチャ」)自体を問う大きなきっかけとなったかと思います。 とにかく、今後、GenZの方のイノベーションを邪魔してしまわないように、学ばせて頂けるように、そして世代間の協業の方法を模索できるように、努めないといけない、と改めて思いました。
555Picks
【漫画で読む】心のケアに瞑想を。新種企業「Calm」
NewsPicks編集部
鈴木 絵里子MPower Partners マネージング・ディレクター
2500種とはいかないですが、30以上の瞑想アプリは試してきたのではないかと思います。かれこれ10年程前から、初期のとても簡素な瞑想・睡眠アプリなども試してきました。 でも改めて考えてみると、この手のアプリは、当時からそこまで変わってはいないとも言えるかもしれません。。。 そんな中、やはりCalmの功績は、とにかく瞑想・メンタルヘルスををユニコーン産業と知らしめてくれたことだと思います。 Calmの場合、瞑想よりもリラクゼーションや睡眠を重視された、よりマス向けなアプリになっており、睡眠時の物語のナレーションに著名な俳優さんを活用されたりされたことで更に広まりました。 また、コロナ禍、リモート環境の広まりを受けて、「音」への注目が増したのも大きいと思います。Spotify、Appleなどもそれぞれリラクゼーションの音の提供に取り組んでいますね。 瞑想>リラクゼーション重視であれば、より元祖とも言える、Insight Timerの方が個人的には好きです! 瞑想を習慣化し、しっかりコミットするためにタイマーをかけると言う概念からそもそも始まっているため、提供されている瞑想の種類ー長さや内容などがとても充実しています。同時に昨年からコミュニティ要素を強め、ライブ瞑想や瞑想ガイドの方への投げ銭の仕組みなども導入され、とても興味深いです。
291Picks
【超重要】2022年に変わる「お金のこと」18選
NewsPicks編集部
鈴木 絵里子MPower Partners マネージング・ディレクター
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2713Picks
【スタバに勝利】名門VCが惚れた「バイオコーヒー」
NewsPicks編集部
鈴木 絵里子MPower Partners マネージング・ディレクター
また私の好きな会社を取り上げて頂きワクワクします。 コーヒーの消費量は膨大であり、サプライチェーンの課題も多いので、Atomoさんのコンセプトは革命的だと思います。特に気候変動の影響を受け、より高地でのコーヒー栽培のために森林伐採が加速してしまっているのは深刻だと感じています。 そんな中Atomoさんの創業者は生粋の科学者で、数々の論文を執筆され、ChobaniやCampbellやSoylentなどでも働かれていたのでとても強い。現状でも一定程度の美味しいコーヒーが完成しているならば、今後様々な味のバリエーションや効能などもデザインでき、よりスケールする可能性もありますね。 さらには、今後どのようにマーケティングを強化されていくかも楽しみです。個人的に、今のブランドロゴがもっと素敵になれる、と思ってしまっていると言うのもありますが。。。笑 とにかく、色々と出ている世の中ですね! プラントベース・モレキュラーのドッグフードなどなども。 またシアトルと言う拠点もコーヒーとの親和性が高いだけでなく、エッジの効いたフードテックの会社さんのハブとなっているのでかっこいい、いつか訪れたい場所です。
506Picks
NORMAL