Picks
2273フォロー
17344フォロワー
脱炭素分野10年で150兆円投資、政府支援20兆円 環境債発行=岸田首相
Reuters
大場 紀章エネルギーアナリスト/ポスト石油戦略研究所代表
クリーンエネルギー戦略の有識者懇談会という事で、委員の私も出席しました。報道されている政府支援20兆円、GX移行債(仮称、タイトルでは環境債)という話は、懇談会終了間際のプレスが入った場での、岸田首相の発言で初めて聞きました。少なくとも、これまで8回やってきたクリーンエネルギー戦略検討会合で議論して来たものではないです。 まず、4/22の検討会において、2030年に17兆円投資が必要という数字が盛り込まれました。検討会ではその数字に対する委員からの意見や言及は特にありませんでしたが、報道ではそこだけが取り上げられました。 10年で150兆円が必要という数字は5/13の検討会に突然登場しました。こちらも報道ではほぼこの数字だけが取り上げられています。 脱炭素へ年17兆円投資必要 30年時点、経産省試算 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA224DR0S2A420C2000000/ 脱炭素実現へ投資「10年間で150兆円必要」…政府が試算公表へ https://www.yomiuri.co.jp/economy/20220513-OYT1T50014/ 私には正直ちょっと唐突感があります。今回息を合わせたように、資料すらない岸田首相の一瞬の発言で見出し記事になっているので、プレスにはレクがあったのだろうと想像します。 さらに、10年で20兆円のGX移行債ということですが、こちらは経団連の提案である年2兆円のGXボンドという提案とほぼ同じです。日商の資料には金額規模の提示のない「環境国債」の文字があります。 グリーントランスフォーメーション(GX)に向けて 2022年5月17日 一般社団法人 日本経済団体連合会 http://www.keidanren.or.jp/policy/2022/043.html トータル官民で150兆円なので、13%を政府資金と言うイメージ。夏に作られるというGX実行会議、誰がメンバーになるのだろう。EUのグリーンディールが136兆円なので、その辺り意識? これから用途を議論することになるのでしょうが、スキーム、対象ともに大変悩ましいです。 私とすれば、産業用途のボイラーや商業施設の給湯暖房等の熱需要のヒートポンプ転換や、窓断熱など、地味だが効果の高い所に投資して欲しいです。
76Picks
銅不足、脱炭素の壁に
日本経済新聞
大場 紀章エネルギーアナリスト/ポスト石油戦略研究所代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
最新のテック×サステナは、こんなにおもしろい
大場 紀章エネルギーアナリスト/ポスト石油戦略研究所代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
376Picks
NORMAL