Picks
2252フォロー
17135フォロワー
バイオ航空燃料を国産化
日本経済新聞
大場 紀章エネルギーアナリスト/ポスト石油戦略研究所代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
カーボンプライシング 中間整理では結論見送り 環境省委員会
NHKニュース
大場 紀章エネルギーアナリスト/ポスト石油戦略研究所代表
元々同床異夢。 カーボンプライシングと一言でいっても、かつて排出権取引と呼ばれたEU-ETSのような排出量取引市場から、国内で課税権を持つ政府が排出量に応じて課税する炭素税、EUで検討されている輸入する製品に対し製造時の排出量に応じいかにも輸入関税のように課金する炭素国境調整と、誰が誰のどんな排出量に課金するかで全く意味が違ってきます。 排出量取引 企業等が他の企業の基準値からの排出削減量を買う 企業間の削減コストに差がある場合、一定の基準に対して削減コストの最適化の効果があるが、基準ライン設定が全てでそこが政治闘争になる。厳し過ぎる基準では、市場取引による最適化効果は減る。脱炭素目標に対しては排出量がマイナスのプレイヤーがいないと成立しなくなる。 炭素税 政府が国内の経済活動に課税する。課税権という近代国民国家の特権を使うもの。国内の排出量削減の観点では、経済理論上最適化されるが、課税率や免除条項、財源が利権となりやすい上、他の利害調整とのバランスが難しい。多重課税になる。 炭素国境調整 政府が国外からの輸入製品に課金する。WTO違反になる。 おまけに、バイデン政権はEUのめんどくさい方式ではなく、国単位で炭素国境調整をやろうと議論していて、これは国家のさじ加減一つで輸入関税を設定できる典型的な保護貿易政策と実質的に同じなので、本来なら明確にWTO違反になるでしょう(たしかオバマ政権時代に米国は炭素国境調整に反対している)。バイデン政権の方針は、直接国家間の対立を生むので、極めて危険な経済戦争に突入する可能性があります。 こうした動きに対し、日本の安全保障関係者は大きな懸念を持っています。気候変動政策が戦争の引き金にならなければ良いのですが。 日本の議論再開は、EUやバイデン政権の動きに乗じた炭素国境調整の検討が大義名分だったわけですが、はっきりいって対抗策として導入するのはあまり得策ではないでしょう。 かつて潰された、国内炭素税の議論のほうが、まだフェアで経済合理的になる可能性が理論的にはありますが、利権調整が極めて難しい上に、エネルギー安全保障や雇用問題との齟齬が生まれます
105Picks
温暖化対策、日本の針路(上) 電源構成、帳尻合わせ 避けよ
日本経済新聞
大場 紀章エネルギーアナリスト/ポスト石油戦略研究所代表
まるで橘川先生のようなタイトルだなと思ったら橘川先生でした。基本政策分科会でも不快感を隠しもせず明確に「反対」を表明されていました。 日本の電力石油産業史の研究者だった橘川先生が、震災以降、「原子力のたたみ方」と称し、電力行政に関わるようになって久しいです。 今回、いかにも日本の「オジサン」が好きそうな論調でもあり、あるいは大御所らしい手厳しい意見ということもできますが、正直に言えば私にはこうした議論は過去の議論に拘泥する的外れとも言えるものではないか、とも思っています。 意思決定のプロセスが問題だといいますが、そもそも2050年脱炭素の決定も、基本政策分科会の議論なしに決まっているわけで、それを政治の問題だと捉えてしまうことは、そもそも今エネルギー政策の意思決定プロセスで起きている現象を見誤っている気がします。 また、最初から帳尻あわせなのですから、それを批判することになんの意味があるのか、などと私には思えてしまいます。 また、「野心的な目標」をどう捉えるかでも変わって来そうです。リアリティがあれば野心的とは言えないので、それは目標にはなり得ず、形容矛盾しています。 Katoさんがコメントされていますが、橘川先生は理科大は2019年度で退官され、現在は国際大学副学長です。「日本のエネルギー関係ではトップ」とはどのような意味でしょうか。日経(とフィナンシャルタイムズ)での引用回数ですかね。
36Picks
第6次エネルギー基本計画案の要点と含意
大和総研
大場 紀章エネルギーアナリスト/ポスト石油戦略研究所代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NORMAL