Picks
2184フォロー
16902フォロワー
住友商事、石油の新規開発から撤退へ 脱炭素に対応
日本経済新聞
大場 紀章エネルギーアナリスト/JDSC フェロー
2014年にシェール革命の波に乗る!と大々的な特集を日経BPで組んだ直後に(もう記事は見当たらない)、3000億近い損失を出し、資源商社としての存在意義が問われた住友商事でしたが、 住友商事/「世界のエネルギー供給図を変えるシェールガスに賭ける」2012年05月17日 http://buffett6.blog.fc2.com/blog-entry-412.html 住商:米シェール事業などで2400億円損失-今期純利益予想を大幅減額 2014年09月30日 https://newspicks.com/news/637252 後に、Newspicksでも特集されたように、資源ビジネスに対しては引き続き積極的な姿勢を見せていました。 【2018年特集】石油資源は枯渇するのか。エネルギーを未来につなぐ方法 NewsPicks Brand Design 2017年12月18日 https://newspicks.com/news/2670491 また、2018年にはシェールオイルの権益を買い増していて、シェールガスは撤退した今もシェールオイルはまだ持っているようです。 住友商事、米でシェール権益取得:日本経済新聞 2018/7/6 https://www.nikkei.com/nkd/industry/article/?DisplayType=2&n_m_code=091&ng=DGKKZO32659560V00C18A7TJ1000 2020年9月7日 住友商事、米シェールガスから撤退 権益を売却 https://newspicks.com/news/5208059/ 2011〜2013年頃は、震災後の電力不安の中で、Citiの藤田勉(その裏にはEd Morse)らのシェール救世主論に騙されたんですよね。 三井三菱は抜け出しにくいアセットを持っているし、伊藤忠はシェールは撤退し、在来型油田でロシアイルクーツクやイラク西クルナなど積極的。超大型投資案件の中国コングロマリットCITICも石油開発している。ただ、石井新社長はトレード畑で、非資源に力を入れるとのこと。ロシア水素(アンモニア)のスタディはしてるようですが。 国は石油自主開発比率を2030年に40%以上に引き上げると言っていますが(昨年34.7%)、逆行してますね。
327Picks
ギャンブルで負けた金を返せと要求する新電力 電力自由化が再エネというフリーライダーを生んだ
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
大場 紀章エネルギーアナリスト/JDSC フェロー
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NORMAL