Picks
185フォロー
14995フォロワー
デジタルシフトの好機に 安田洋祐大阪大准教授
日本経済新聞
安田 洋祐大阪大学 准教授
日経新聞の松尾記者に取材して頂きました!先週の火曜日(17日)の発言なので、少し感覚的に古いかもしれません…😅 新型コロナ騒動で進みつつある「デジタルシフト」に焦点を当てています。どのような道筋でこのシフトが加速するかについては、明日(3月26日)の朝日新聞に掲載予定「あすを探る」で深掘りします。そちらもぜひご注目下さい😊 【補足】 記事には反映されませんでしたが、経済対策については個人への迅速な(一律の)給付金がベストだとお答えしました。不安を解消するために一回限りの給付ではなく、「終息するまでの継続的な支払い」を提案させて頂きました。(↓は取材メモ/草稿の該当箇所) 「個人向けには給付金、企業には融資が必要だ。急激な需要減に対応するため、国民1人に1週間~10日ごとに1万円を支給するのはどうだろう。政府は経済の混乱が収まるまで給付すると約束する。」 五輪に代わる「スポーツの祭典」ついては、もし仮に中止になってしまった場合にプランBとしてどうだろうか、という提案です。すでに延期が発表されましたが、万が一まとまらずに中止に傾きそうになった時には、こういう逆転の発想(?)もアリかもしれません。
COVIDと対峙するために日本社会が変わるべきこと
楽園はこちら側
安田 洋祐大阪大学 准教授
感染症の専門医で、最近はテレビ番組などで積極的に情報発信されている岩田健太郎・神戸大学教授のブログ記事。ウイルス自体の特性である「潜伏期間」ではなく、社会的な要因によっても左右される「発症から受診まで」の長さが、今回の新型コロナウィルスを広げている主因ではないかと分析されています。 日本人は体調が悪くても休まない/休めないため、ウイルスの感染を広げてしまいやすいのかもしれません。しんどかったらすぐに休む、仕事や学業を効率化する、無駄に病院に行かない、といった具体的な対応策も提示されていて、参考になりました! 現在もテーマパークやイベント会場で新型コロナ対策が講じられていたり、実際に大型イベントが中止になったりしています。こんな中で(いよいよ来週に迫った)国立大学の入学試験はいったいどうすべきなのか… 当事者としてもかなり心配です。 “僕らのシミュレーションでは、「たとえ同じウイルスでも」感染者が発症してから受診するまでの時間が違うとずいぶん二次感染のインパクトが変わることがわかりました。 初期は軽症なので受診動機が小さい。よって、「発症から受診までの時間が長くなりやすい」傾向をこのウイルスはもっているのです。 勤勉な日本人は風邪症状くらいでは休まない。自宅で安静にもしないし、受診もしないかもしれない。… このウイルスは日本の社会でこそ広がりやすいウイルスなのかもしれない。”
426Picks
【動画解説】テスラの正体は「エネルギー企業」だ
NewsPicks編集部
安田 洋祐大阪大学 准教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
524Picks
「AIで数秒」のはずが…保育所選考、連休返上で作業 さいたま市
毎日新聞
安田 洋祐大阪大学 准教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
178Picks
【解説】iDeCo・NISAはこう変わる。新「自分年金」のすべて
NewsPicks編集部
安田 洋祐大阪大学 准教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1770Picks
(インタビュー)ラディカルにいこう 米政治経済学者、グレン・ワイルさん
朝日新聞デジタル
【ビジュアル解説】もう一度、「iPS細胞」のすごさを知ろう。
NewsPicks編集部
安田 洋祐大阪大学 准教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1085Picks
NORMAL