Picks
31フォロー
26825フォロワー
仮想通貨交換大手FTXが破産法申請
日本経済新聞
蛯原 健リブライトパートナーズ 代表パートナー
なぜ破綻したか。同社が同社代表個人が保有する別会社アラメダに対して実に1兆円を超える融資をしていた。その担保はアラメダが保有するトークンFTT。アラメダはその金でクリプト関連企業へのの投融資事業を行なっていたが今の市況となりそれら投融資が焦げ付きFTXへの返済能力を失った、むろん返済担保のFTTトークンも担保価値は無きに等しいほど下がっている。そしてこの間FTXでは顧客の資金引き出しが殺到し、FTXはアラメダへの融資焦げ付きによりその支払い能力を失っており万事休す。 これがごく単純化した顛末であるが、これが事実であれば出鱈目にも程があるし、これをもって他の取引所も危ない、と一括りにはできない固有の悪質性がある。理由は 第一に、最後の「顧客からの引き出しに応じられない」という事が代表個人会社への融資焦げ付きと紐付いている時点で、どんな理由やカラクリがあるにせよ、顧客資産を流用していた事に本質的には他ならないからだ。 第二に、代表個人会社への融資という利害関係者取引の杜撰さである。本質的には相場が逆回転すれば危ない取引である事は明白であるにもかかわらず、ブラックロックなど出資者はなぜ歯止めをかけられなかったのか。それほどまでにSBFというカリスマ経営者は手をつけられない人物だったのか。 最後に規制当局の罪。いくらワイルドな市場経済信奉者のアメリカとは言え、この期に及んでこれはあまりに無責任過ぎる。 ーーSECのゲンスラー委員長は10日朝のCNBCの番組Squawk Boxで、暗号通貨取引所にデジタル資産を預けた消費者は、「彼らが倒産した場合は、破産裁判所の列に並ぶしかない」と語った。
416Picks
NORMAL