Picks
1フォロー
73フォロワー
【バービーが聞く】ビジネスチャンスはそこにある。女性経営者たちのリアル
朝井 麻由美ライター
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
598Picks
ソロ活の始まりは自虐だった。私が「みんなでワイワイ=正義」の呪いから解き放たれるまで
DRESS [ドレス]
朝井 麻由美ライター
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
「究極の卵かけご飯」を求めて。2日間、卵かけご飯専門店を巡る愛知ひとり旅
エクスペディア
朝井 麻由美ライター
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
ストレスで病む前に。孤独をポジティブに変える「ソロ活」とは
朝井 麻由美ライター
こちらインタビューしていただきました。いろいろなソロ活をすることで、ただ楽しいだけでなく、自分を知り、自己肯定感を高め、決断力が磨かれる行為だ、という結論に至りました。 なお、「通常、一人でやらないとされていることを、一人でやってみる」というのは、過去にコラム連載などで媒体から「企画性」を求められたというのも正直あります。もともと一人焼肉や一人カラオケが好きで普通にやっていたのですが、すでに世間的にメジャー化してしまったソロ活の話だけを書いていてもインターネットでは記事になりにくいので…。とはいえ、突飛なこと含め様々なことをやってみて初めて分かったことがたくさんありました。「これは一人でやってはいけない」など、「思い込み」をしていることが世の中にはあまりに多い、と。そのあたりのことは拙著「ソロ活女子のススメ」( https://www.amazon.co.jp/dp/4479784624/ )で多く触れていますので、「なぜ?」とご興味湧いた方はあわせてご覧頂けますと幸いです。 とはいえ、本質はソロ活で「何をするか」ではなく、「何を思うか」「何を考えるか」「どう過ごすか」だと思っております。メディアでは「こんなことを一人でやってるの⁉︎」という奇抜さに焦点をあてて取り上げられやすいですが、今回は本質的な話をインタビューで聞いてくださってありがたかったです。 他者からの評価軸から自由になることは、ストレスのマネジメントにも繋がります。ぜひご一読ください。 ※本記事はチューリッヒ生命さんのsponsored記事です
851Picks
一人で円卓を囲んで、一人で北京ダックを食べてきた
ソロ活 / レッツエンジョイ東京
朝井 麻由美ライター
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NORMAL