Picks
100フォロー
918フォロワー
大前研一「安倍元首相の"国葬"決定理由を冷静に検証しても、今日に残る成果は見当たらない」 - 最長政権で経済は長期低迷し、外交もアメリカに貢いだだけ
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
若林 克式Financial Institution Treasury
逆に言うと痛みを伴う不人気な改革をしなかったがために、長期政権を維持しえたともいえるのか。施政者の真の功績はむしろ10年20年先に測定するのがフェアかもな。 たとえて言うなら、一時期の野村監督が阪神や楽天が強くなる素地を築いた。星野はそれに乗っかっただけ。運が良かった。 直近の例ではコロナワクチンなども。岸田は大したことしてない。菅さんがここは頑張ったと思う。 「私から見て、第2次世界大戦後、最大の功績を残した米国大統領はドナルド・レーガン氏だ(在任期間は81~89年)。米国が老大国になる瀬戸際の80年代、彼は金融、運輸、通信の3分野の規制撤廃を進め、世界を席巻する強い企業群をつくった。90年代以降のサイバー時代に米国経済が花開いた大きな要因は「レーガノミクス」のおかげだ。」 「確かに、レーガノミクスは痛みを伴う改革だった。規制を撤廃すれば、規制に守られていた既存産業が真っ先につぶれ、大量の失業者が出る。規制撤廃の怖さだ。政治家は次の選挙で負けるのが嫌だから、頭では必要だとわかっても痛みを伴う改革に踏み切れない。日本で今日に至るまで規制撤廃がほとんど進まない理由だ。」 「レーガノミクスから20年ほど経って、ようやく「米国産業が強くなったのはレーガンさんのおかげだ」とレーガン氏は再評価されるようになった。」 「「鉄の女」と呼ばれた英国のマーガレット・サッチャー元首相、ドイツのゲアハルト・シュレーダー元首相も同様に失業の山を築いて産業を強くした。どちらもやはり退任する頃の評判は悪かった。改革の恩恵を受けたのは後の首相たちだ。英国ではジョン・メージャー元首相やトニー・ブレア元首相であり、ドイツではアンゲラ・メルケル前首相の頃だ。」
10Picks
NORMAL