Picks
1183フォロー
1477フォロワー
新興企業買収額、海外勢が過半に
日本経済新聞
Yoshida M
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
山際経済再生相「11月には制限なく生活できる」現在の感染状況受け見通し示す
FNNプライムオンライン
Yoshida M
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
223Picks
大都市圏で飲食店の制限解除も 大阪と京都、東京は検討
共同通信
Yoshida M
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
新型コロナ 東京都で新たに57人の感染確認  7日連続で100人下回る
FNNプライムオンライン
Yoshida M
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
米助言大手2社が反対推奨=関西スーパー・H2O統合案
時事通信社
Yoshida M
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
台湾のTSMC 日本に半導体の工場建設の方針 国内製造能力向上へ
NHKニュース
Yoshida M
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
461Picks
金融所得課税、当面見直さず 「すぐやる」は誤解―岸田首相
時事通信
Yoshida M
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
558Picks
日大理事、当初は3.6億円要求 業者が懇願2.2億円に 背任容疑
朝日新聞デジタル
Yoshida M
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
「不動産ID」導入へ 国交省が検討会 今年度中にガイドライン
NHKニュース
Yoshida M
こちら、大変素晴らしい動きです! ただ、不動産の共通データベースを作る動きは、今までに何度も出ては骨抜きになってきた経緯がありますので、業界としては疑心暗鬼というのが本音かと。 国のやる気が無い!と安易に否定するつもりではなく、日本の不動産情報は、公も民も本当~にバラバラに管理していて、解決するのが非常に困難な課題なのです。以下、背景の説明から、不動産IDの意義についてコメントです。 公共では、法務局・国交省・国税庁で別々の住所コードだったり、 民間では、デベ・仲介・運営・管理会社と別々にシステムを構築し、別々の表記方法(半角全角等)であったりと、統一するのは相当に骨の折れる作業なのです。しかも、デベも仲介も、物件情報の非対称性は「メシの種」ですので、情報を出せと言われても、そりゃあ難しいでしょう。公共としても、個人情報保護の観点から、中々価格情報の公開には踏み出せないというのもあるかと。(まぁ現状、登記簿で権利情報見れますので、今更個人情報保護とは…?とも思いますが) 前置きが長くなりましたが、不動産IDとは、共通のデータベースの前段階で、そもそも物件IDを共通化し、各々のデータベースで連携しやすくするための仕組みと理解しています。 他業界の人には理解されないかもしれませんが、、デベ・買い手仲介・売り手仲介・設計・管理・運営と立場の異なる6つのプレイヤーが、みんなで個別に不動産情報を丸2日ぐらいかけて調査しているのが実態なのです。該当する自治体で関連法規の調査、登記簿、インフラ、公図等の調査を各々のプレイヤーが同じ調査結果になるのに「個別に」調査しているんです。これを共通IDでデータ連携しましょうよ。という動き。 自分もこの業界に入って、この非効率には「ホンマかいな!?」と驚きましたが、背景の問題の複雑さと困難さも少しずつ理解できるようにもなりまして、今回の国の動きを嬉しく感じております。
128Picks
マネーロンダリング対策で160社集中検査 金融庁
日本経済新聞
Yoshida M
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
167Picks
NORMAL