Picks
66フォロー
38フォロワー
政府本腰も「キャッシュレス途上国」日本の課題
東洋経済オンライン
小野寺 明
勤務先の店舗(政令指定都市)、社長はカード使ったことない、イオンカードはイオンで使えるの?という感じで、他のスタッフも普段の生活で現金使いでした。そのような店舗ですが今更ながらキャッシュレスに対応しました。 現在カード決済端末が接続できない非POSレジを使っており、初期費用も考えた結果、別にVEGA3000端末を無料で導入でき、振り込み手数料もかからない会社と契約しました。 運用始めた結果、スタッフも操作を迷うことはなく簡単でしたが、押すボタンは多いです(カード決済が磁気・IC・NFC同時待ちなのは良かったです) 店員がクレジット又は電子マネーボタン押す→売上ボタン押す→金額入力→カード差し込んでもらうかタッチ(電子マネーの場合はここでSuicaなど選択してもらってからタッチ)→一括払いボタン押す→PIN入力してもらう(ICでは少額でのPINレス設定できないと言われました)→決済控え渡す このほかにレジにも金額と商品分類登録を打つので、現金よりは確実に操作に時間がかかります。 今のところ30人に1人ぐらいキャッシュレス希望なので、レジ閉めの手間は変わりません。 従来の小店舗がいきなりiPadレジを導入できるわけではないので、全体的にお客さんに操作してもらうような決済端末UIにしてもらうと助かります。
171Picks
NORMAL