Picks
212フォロー
3423フォロワー
老舗繊維商社ヤギが挑むアパレル業界のデジタル化
FASHIONSNAP.COM【ファッションスナップ・ドットコム】
河合 拓河合拓コンサルティング株式会社 代表
ヤギは、商社の中で最も多面的に多角化をし、実証実験を行っている機動的企業と認識。財閥系商社は、ほとんど繊維事業を捨て、専門商社はデジタルを使った垂直統合をアパレルとやりはじめ、最後の生き残りをかけているが、伊藤忠がやっているスポーツ系ブランド(ユニクロに近い動きをする)と、納品先へのマジョリティ出資によるコントロール強化など、従来の商流の延長を行い、同社の収益源の根幹であるブラマ(ブランドマーケティング)からのキャッシュのスクイーズアウトを収益の根幹にしている。ただし、この先、レディースの高額衣料品は売れなくなり、メンズのセレクトショップに置いている国学衣料品の市場規模も極めて限定的になってくるだろう。多くの本格的セレクトショップがアウトレットをECに立ち上げている今、同社の強みであるブランドビジネスを中国に向けるのは必然。ヤギはその昔綿糸の相場で相当の資産を気づき上げ、いよいよ、それを使い様々な投資実験をはじめている。良いブランドをヤギはもっていて、専門商社でも総合商社に勝てる可能性を十分感じている。含め、私たちのお手本として頑張ってもらいたい。
NORMAL