Picks
1184フォロー
159フォロワー
釣り人 は最高のマーケッターかも知れないという話
セールスコピーで売上に貢献する会社株式会社northstar
斉藤 史朗【一部上場】人材紹介IT.Web領域両面コンサルタント→現在toB向けマーケター
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
【3BOOKS:事業開発】両利きの経営
YouTube
斉藤 史朗【一部上場】人材紹介IT.Web領域両面コンサルタント→現在toB向けマーケター
【3BOOKS:事業開発】両利きの経営✋ 再生速度1.25倍オススメ♪ 最近ある経営者に「両利きの経営」について学んでみたら!?とアドバイスをいただき、こちらにたどり着きました! 【背景】 既存ビジネスに固執し過ぎない。市場の変化適応するため。数十年前よりもビジネスサイクルが早くなり、飽きられやすくなっているため、固執する事で結果市場から見放される事になる。 【ポイント】 ビジネスに於いて「既存の深化」「周辺の探索」が重要になる。 なお成功した事でサクセストラップに気をつける。 成功した事で目線が狭くなってしまう傾向はある。 コストや時間が掛かる探索にて目を向けずらくなりますが、 バランスを取りながら両方を成立させる事が重要との事。 探索はコストを掛けて不確実性な事にスピードを持ってチャレンジさせる事。探索させる時は、既存コアビジネスとは違う枠組みで組織から切り離し、意思決定をさせる必要がある。 ■事例:アマゾン社3つのポイント ①顧客に低価格路線で何でも屋になる戦略。あらゆる商品を補完 ②葛藤に向き合う。研究開発費用をいつでも潤沢に(株主に負けない)短期的に不利益でもライバル会社の商品を載せる事 ③イノベーション文化を構築させる
1Pick
NORMAL