Picks
1276フォロー
11326フォロワー
TBSの「Netflix独占配信」に透けるテレビ局の憂鬱
東洋経済オンライン
氏家 夏彦メディア・コンサルタント フリーランス
問題を整理すると、電波を使った広告型無料モデルはいつダメになるのか、各局バラバラの有料配信サービスには未来はないのだからTVerをベースに各局相乗りの有料配信と同時配信、見逃し配信サービスに乗り出すことはできるのか、日本のドラマやバラエティーやドキュメンタリーなどのコンテンツはアニメのように世界に通用するようになるのか、というところでしょうか。 現在の地上波放送ビジネスモデルはすでに限界を迎えていてローカル放送局の再編や将来的には電波返上という動きになっていきます。おそらく10年後には今とは全く違った景色になっているでしょう。 記事では各局相乗りの配信サービスは実現困難としていますが、TVerという母体があるのでわずかですが可能性はあります。問題はテレビ局に余力があるうちに実現できるか。ちなみに新聞はアラタニスという各社相乗りのWEBサービスに失敗してしまい今の惨状になっています。 TVer統合ができたとしても世界配信のプラットフォームにはなり得ません。となるとNetflixなどへのコンテンツ販売で世界に出るしかありません。日本のアニメはNetflixとAmazonプライムが高額で配信権を購入しています(今は少し安くなったかもしれませんが)。それは日本アニメが世界レベルでもハイクオリティだからです。ではドラマなどはどうか。日本沈没はスケールは大きいのですがストーリーの詰めが甘いところがあってリアリティに欠けると感じてしまいます。元々テレビ番組はヒット率が低いのです。ドラマもバラエティーも5本のうち1本当たればいい方だと言われてきました(業界内では)。配信専用の番組なら放送と違いスポンサー、時間、表現などの制約がないのですから、いずれヒットも出ると思いますが、日本だろうと韓国だろうとハリウッドだろうと毎回大当たりはとても無理だということは理解しておくべきです。
232Picks
NORMAL