Picks
186フォロー
128フォロワー
【山縣亮太】僕たちアスリートが「皆さん」に伝えたいこと
NewsPicks編集部
市川 修地方自治体 主査
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
353Picks
教員免許更新制廃止へ 文科省、来年の法改正目指す 安倍政権導入
毎日新聞
市川 修地方自治体 主査
皆さんの意見を伺っていると 考え方は相反していないように感じました。 1 教員の学びの機会提供することは必要だ。  →しかしながら、現在の教員資格更新制度は形骸化している。   時代は常に変わっている。その中で教員をバックアップできる制度設計が必要。 2 資質的に問題のある教師については、教職につかせない方がいい。  →しかしながら、現在の教員資格更新制度はそのための制度設計とはなっていない。   仕組みがないのであれば、作る必要がある。   3 教員の多様な経験は有用だ。  →民間経験では教員として必要な能力(総合力的)は身につけられない一方、民間経験でないと経験できない知見もある。   双方あるとなおよし。 4 教員の待遇の是非は単純に結論を出せるものではない。何をソースとし、何と比較すべきか。 その上で、以下個人的な見解です。 時代は変わり、「登る」「べき」坂などない世の中において、すべての人が試行錯誤しながら、歩いていかねばならない。 その中で、どう生きるか、何を学ぶか、何を身につけるか、と最も大切なことを託されている教育の現場。 教員の皆さんの学びのバックアップ体制はもちろん必要ですが、 変化に対応する際には、はどんどん外部資源を活用できる仕組みづくりを進めて欲しい、 教員の皆さんに対して、時代の変化に限らず必要な基本的な学びを子供たちに提供できるよう、その支援をより進めてほしいと思っています。 私も外部(在野)の人間として、これからの教育に貢献していきたいと思います。
699Picks
デジタル庁「『局長、課長』置きません」 プロジェクトごとに人材募る
毎日新聞
市川 修地方自治体 主査
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
338Picks
NORMAL