Picks
96フォロー
2489フォロワー
【解説】クッキーレス時代のマーケティング「5つの変化」
アドビ、「Real-time CDP」のデータガバナンスツールを一般提供
ZDNet Japan
安西 敬介アドビ株式会社 ソリューションコンサルティング マネージャー兼エバンジェリスト
企業が顧客からデータを取得するのに、そのデータを何の目的でどう利用していくかを考えていくかを提示していくことが求められるようになってきており、データの取扱いも非常に重要な部分となってきています。 それは単純なウェブサイトのデータやCRMデータといった単位ではなく、例えば商品閲覧データはオウンドメディアのパーソナライズやリターゲティング広告には利用するものの、位置情報データなどは広告には利用しないといったことが出てきます。 今回のリリースでは、先日、日本でも正式展開することとなった、Adobe Experience Platformのサービス機能の1つReal-time CDP機能でもそれが利用可能になったものです。 アドビでは2018年にこのAdobe Experience Platformの構想を発表し、その際にXDM(Experience Data Model)というスキーマの仕様も出しています。これをベースにプロファイルデータを管理することで、データ項目ごとにその利用目的を規定し管理できるようになっています。 これらをのデータセキュリティの考え方をアドビではDULE(Data Usage Labeling and Enforcement)フレームワークとしてAdobe Experience Platformを中心に、各製品に展開していっています。 アドビが仕様を公開した「XDM」の狙い、顧客体験向上のためデータモデルを整備 - マーケティング関連...:日経クロステック Active https://active.nikkeibp.co.jp/atclact/active/14/530956/051600062/
4Picks
なぜデジタル化で「顧客体験」の重要性が変わるのか
NORMAL