Picks
59フォロー
37129フォロワー
【3分まとめ】 成果報酬型コンサルが成り立つ理由
Susumu Sataniプロレド・パートナーズ 代表取締役
経営コンサルティングファームで働いていた時に「このリサーチやマーケ提案って、その後どうなってるんだろう」って、思うことが多々ありました。 コンサルティングする以上、最後まで責任持ちたいよねという思いで立ち上げた会社です。 仕事のディテールまで責任持ちたい! 事業再生実務に関わりたい! という熱い思いを持っている方と一緒に働きたいです。 そして、コンサルティング業界自体、 プロジェクト期間に対して一定の固定報酬という、 100年間変わらないビジネスモデルが続いていますが、 今、広告や人材など多くの業界で固定報酬⇒成果報酬に変わっています。 コンサルティング業界も固定報酬モデルだけだと クライアントニーズに答えきれなくなっていくと考えています。 ※追記 > Yasuda Keisuke様 ご指摘のように、 営業に行くと弊社以外にも成果報酬でコンサルティングをしている 個人事業主などがいるようで、 「社長命令で、コンサルタントは成果の出る案件だけ選り好みして、1年後には削減もなくなった」 という話をたまに耳にします。 ただ、弊社は基本的に成果を3年以上で算定しています。 中長期的にクライアントが本当によくなるかということに拘っています。 短期的に目に見えて良くなる部分だけ 案件化して報酬をもらうと コンサルタントだけと得すると思うかもしれませんが、 実際のところは逆です。 中長期的にクライアントの成長を支援したほうが、 プロジェクトを継続してもらえますし、 プロジェクト規模も大きくなり、売上も増加します。 実際、弊社のリピート率は非常に高いです。
536Picks
NORMAL