Picks
37フォロー
5731フォロワー
Blue Origin、NASAを提訴--「アルテミス計画」委託先をめぐり
CNET Japan
石田 真康SPACETIDE 代表理事兼CEO A.T. カーニー ディレクター(Space Group Lead)
SpaceXとBlue Originは二大巨頭として語られがちですがNASAとの距離感では全く異なるアプローチとってきました。SpaceXは国際宇宙ステーションへの物資・人員輸送のためのロケット&宇宙船開発をNASAと共にすすめて、その輸送サービスも受注してます。これは官から民への象徴的な成功事例というだけでなくて、SpaceXにとっては(NASAが過去にスペースシャトル等で培ってきた)人を輸送をするための各種技術獲得のためにも大きなステップでした。そういう意味でSpaceXは民間企業の雄として語られますが、NASAなど政府機関との協業や契約をうまくやってきてるのが実態です。 他方で、Blue OriginはNASAとは距離を置いてジェフベゾスの自己資金でここまでやってきて、目立った協業や契約はほぼありませんでした。先日の100kmまでの宇宙旅行などは最初から民需を狙ったものです。他方、月を目指すとなると、やはり最初の大きな顧客はNASAなどの政府機関であることも事実ですし、そこが見えてこないと民需をとることも難しい。そうした観点もあるのでNASAとの契約などが重要になってきていると思います。 ちなみに、Blue Originが自らの潜在顧客であるNASAを訴えるなんて!と思うかもしれませんが、SpaceXもかつて米空軍の衛星打ち上げ契約が一部企業に占有されていることを理由に潜在顧客の米空軍を訴えたことがあったはず。今では米空軍はSpaceXの重要顧客になっています。
80Picks
NORMAL