Picks
93フォロー
17259フォロワー
アメリカ大統領選 バイデン前副大統領当選確実 米主要メディア
NHKニュース
加納 裕三株式会社bitFlyer Blockchain Co-Founder/CEO
I WON THIS ELECTION, BY A LOT! とトランプ大統領がツイートしています。 今となっては負け犬の遠吠えのように感じてしまいます。スポーツも同様ですが、負けた時にどのように振る舞うかでその人の評価は大きく変わるのかと思います。 大統領を経験してもintegrityは自動的に備わらないというのは勉強になりました。私には想像もつかないほどの特別な経験や、立派な人々にお会いする機会が幾らでもあったのかと思います。 それでも言動に変化がないように思えるのは、自分自身が変わる必要があると考えていないからでしょうか?過去のビジネスでの成功体験が邪魔をしてるのでしょうか? 世の中を良くしたいという信念に基づく行動は大変共感できます。他人からの評価を気にしていては、大胆な意思決定はできません。 他方で、ビジネスも政治も、人々に評価されなければ継続できません。あくまでも幸せにしたいと思う対象は自分自身ではなく、世の中の人々だと思います。それは成功体験を重ね余裕ができると自然と生まれる発想なのだと信じています。 トランプ大統領を批判してきた人も、ここで一度敬意を表明するのはどうでしょうか?大統領職が簡単にできる仕事だとは思いません。自分自身は正しいことをしていると信じているのに、毎分毎秒、多くの人々より批判され、命も狙われています。その尋常じゃないプレッシャーの中で意思決定することを想像してみてください。 もうノーサイドでしょう。 トランプ大統領、最後はかっこ良い生き様を見せて欲しいと思います。自分自身の言動で歴史を刻むことができる機会を与えられた人は数多くいるわけではありません。理想とされる大統領の発言は歴史的にはほぼ決まっていて、それを聞くことによって人々は安心するのではないでしょうか。
880Picks
平井デジタル相に「ブロックチェーンを国家戦略に」と直接要望、JBA加納代表理事
CoinDesk Japan
加納 裕三株式会社bitFlyer Blockchain Co-Founder/CEO
Yahooさんに掲載いただきました。 「ブロックチェーンを国家戦略に。」をスローガンとして (1)ブロックチェーン特区の創設 (2)CBDCの試験導入 (3)行政システムのブロックチェーン化 を提言いたしました。 『行政のブロックチェーン化という提案について加納氏は、「ブロックチェーンは行政システムを統合する上で非常に相性が良い」との考えを示した上で、マイナンバーカードにブロックチェーンを採用することを提案した。その理由として、ブロックチェーンには秘密鍵と公開鍵の暗号を使ったデータが格納されており、住民票など別のシステムからでも参照できる形がつくれるなどと説明した。』 プライベート・ブロックチェーンは特に縦割りになっている行政システムに非常に有用だと思います。BCはシステムを疎結合することが容易です。なぜなら、必ずパブリックキーが存在して一意にデータ検索できるからです。しかも、パブリックキーは文字列で可読性があり、BCは中の構造も非常に似ている。 もちろん改ざん耐性があるので、行政文書を改ざんすることは不可能で、かつ、BCならではの冗長性によってシステムがダウンするリスクは限りなくゼロです。暗号技術を駆使したブロックチェーン技術は、インターネットで裸で通信しているのにも関わらずハッキングされていません。(取引所システムはブロックチェーンでは作られていません) 行政システムの統合には、ブロックチェーンが最適な選択肢だと思っています。
NORMAL