Picks
145フォロー
1469フォロワー
【深津貴之×CXデザインファーム】顧客体験の時代、企業に不可避な「CX投資」とは
寺田 修輔株式会社ミダスキャピタル 取締役パートナー
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
531Picks
【直撃】AnyMindトップ、上場延期と急成長を語る
NewsPicks編集部
寺田 修輔株式会社ミダスキャピタル 取締役パートナー
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
384Picks
【完結編】「亀っちの部屋」ゲスト49人、2年間の軌跡
NewsPicks編集部
寺田 修輔株式会社ミダスキャピタル 取締役パートナー
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
309Picks
【究極の問題】一度失われたらもう戻らないものとは
寺田 修輔株式会社ミダスキャピタル 取締役パートナー
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
557Picks
【トレンド】ペットフードにも「D2C」の波が来た
NewsPicks編集部
寺田 修輔株式会社ミダスキャピタル 取締役パートナー
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
321Picks
【実態】「D2Cブランド」の本当の育て方
NewsPicks編集部
寺田 修輔株式会社ミダスキャピタル 取締役パートナー
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
709Picks
成熟期に入ったSaaSビジネス「次なる本命領域」はどこだ
寺田 修輔株式会社ミダスキャピタル 取締役パートナー
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
640Picks
新規上場、過小値付けは「独禁法違反」 公取委報告書
日本経済新聞
寺田 修輔株式会社ミダスキャピタル 取締役パートナー
公正取引員会が調査していた件、以下のような内容でそれなりに踏み込んだ報告書になりそうです。足元のバリュエーション調整で公募価格や初値を下回るIPO銘柄も多いですが、結果とプロセスは分けて考えるべきかと思います。 ・IPO時に事前に証券会社などが企業と決める公開価格を一方的に実態よりも低く設定し資金調達を妨げるのは独禁法違反の恐れ ・上場業務を引き受ける手数料を証券会社間であらかじめ調整するのは独禁法上の「不当な取引制限」にあたる可能性 ・他の証券会社が主幹事業務を引き受けるのを妨害するのも、同法の「取引妨害」になるおそれ --- とは言え… 記事中に『公取委は日本のスタートアップを支援する環境整備に乗り出す』とあります。 公取委がこの報告書をまとめて頂いている間に、日本の資本市場を取り巻く環境は大きく変化してしまいました。IPOのプライシング問題は個人的にも関心が高く引き続き重要なイシューだと考えていますが、多くの市場参加者も、スタートアップの経営者や投資家ですらも、今はより大局的な話が気になっているでしょう。スタートアップ支援のためにパブリックセクターがやるべきこと、逆にやらなくていいことは、もっとあると思います。
34Picks
NORMAL