Picks
155フォロー
1240フォロワー
【解説】崖っぷち新生銀行に「白馬の騎士」は現れるのか?
NewsPicks編集部
吉田 大助日本協創投資株式会社 代表取締役社長
比較的規模の大きい銀行に対する大規模出資(買収等)は、過去にはあまりうまくいっていないように見えます。古くは日本債権信用銀行、東京スター銀行に異業種からの大規模出資がありました。(90年代後半の不良債権問題による公的管理時には、不良債権の公的資金による一括処理などの公的支援がセットだったこともあるのか、JCフラワーズによる日本長期信用銀行(現新生銀行)買収などは買収者が大きな利益を手にしたと言われます。) 異業種による銀行の経営というのはなかなか難しいのでしょうか。私も元銀行員なのでなんとも言い難いのですが、一種独特のものがあるとは感じます。基本はリスク回避に軸足を置く風土(※)、ひとりの判断で物事を決めない調整文化(※)など、一般の事業会社では「悪」とされがちなことが、むしろ普通であり当然だったりします。 (※貸し倒れを極力避けなくてはいけない融資業務や、計算ミスや不正が許されない決済業務においては、必要なことだとも思います。) SBIは金融グループであり銀行業にもなじみは深いと思いますが、外部から拝見するに企業文化的には上記と真反対の雰囲気も感じられ、どう展開するか関心をもって見ております。
452Picks
【会社を買う】実践者がホンネで語る「個人M&A」の真実
NewsPicks編集部
吉田 大助日本協創投資株式会社 代表取締役社長
今の仕事に何か物足りなさを感じ、「自分は会社を経営したい」「〇〇ビジネスにもっと深くコミットしたい」といった意思がある方は、ぜひチャレンジしたほうがいいかと思います。私の知人にも、自己資金と銀行借入を組み合わせて数社のオーナーになり、実際にコミットして経営している人がいます。PEファンドはしょせん「人様のお金」を預かって運用している立場でしかないのですが、自己資金中心で会社のオーナーになれば誰の目も気にせず指図も受けず、自分の全能力を使って仕事ができます。 記事はかなり軽いタッチで描かれていますが、実際には銀行借入の個人保証を求められることも多く(記事のケースではプロパー役員が背負った?)、従業員や取引先に対する大きな責任も負うので、副業的にやるのはお勧めしません。やるなら本気でコミット。 ただ、起業してゼロから作るのに比べ、すでに存在する経営資源を使える分、起業に比べたリスクは低いと思います。様々なところで実績や前例が重視される日本の事業環境では、むしろ起業よりも適しているのでは。 起業もよし、マイクロM&Aもよし、思い切ってチャレンジする人がどんどん出てくると、あちこちに刺激が生まれて楽しい企業社会になりますね。
641Picks
投資ファンド、バフェット流に軸足 相次ぎ保険会社買収
日本経済新聞
NORMAL