Picks
908フォロー
101976フォロワー
「このままでは国家財政破綻」論は1%だけ間違いだ
東洋経済オンライン
国光 宏尚gumi 取締役会長
概ね同意w 日本の財政は国内の預金総額と直ぐに現金化できる国家資産が、国債発行総額を上まわっているウチは何とか持つ。ただそれもこのペースでいくと10年も経たないウチに逆転する。そうなると海外からの借金が必須になる。断言するけど、日本はいつの日かパイパーインフレかハイパー増税、あるいはそのコンビネーションという形で、国民にしわ寄せがくる日がくる。その日に向けて準備できてる人と、そうじゃない人の間で大きな差が生まれる。 日本の財政破綻の話をするとMMT信者から凄い数のリプライがきたw 皆んな見たい現実を見たいのだろうな。 ただファクトでいうと国民の預金総額は2000兆円弱。借金総額は1200兆円。2021年度の国債発行額は230兆円。コロナ前は130兆円。今の借金のペースだと3.5年、これまでのペースだと6年で国内だけでは国債を消化できなくなり、海外投資家に買ってもらう必要が出てくる。 そうなると今の実質ゼロ金利は保てなくなる。そうなると国債の利払いだけで死亡。単純な算数だけど、見たい現実しか見ない人には理解できない。 ただ、確実に起こるべき未来に対して準備ができている人にとっては凄いチャンス。何が起こるかというと、インフレ、円安、金利高。なので、やるべき戦術は、国内で固定金利で借りれるだけ借りる。その金を米国や仮想通貨に投資する。破綻したタイミングで円にかえて、国内の輸出系企業や国内のキャッシュフローをうむ不動産に投資する。これだけで資産を大きく増やすことができる。 分かりやすいチャンスが目の前に。この未来は確実に起こる。1000万ペリカ賭けてもよいw
131Picks
NORMAL