Picks
297フォロー
145フォロワー
天皇ご一家と4宮家存続の構想 政府、女性皇族が継ぐ案を想定
共同通信
Matsumoto Jun某医療IT企業 医療機器領域事業開発(BtoB)
本質的な議論がなされておらず、不安 まず、男系による天皇制の存続を維持するのか、するのであればどのような手を打つべきか議論すべき。 女系皇族の宮家をいくつ存続させようか、男系による天皇制の維持にはつながらないので、その意味ではあまり本質的な議論ではない(公務をする人員の確保等の目的で議論しているのか、男系男子のポイントを有耶無耶にして、しれっと女系天皇を認めてしまおうとしているか) 現状、男系男子として資格があるのは、秋篠宮様、悠仁様 男系女子を容認するなら、愛子様 男系相続を続けていくなら、現実的には悠仁様に男の子がお生まれにならないと、途絶えるわけで、かなり不確実性が高い。 お生まれになっても、状況は好転したわけだないのでこの問題は続く。 なのに、この問題を放置しているのは、女系天皇の流れに持っていこうとしているのかな。 私は、1000年以上続いた伝統なので極力維持すべきで、 男系の元宮家から、男の子のご養子を取って現在の宮家で育てていくしかないのではと思っている。 (養子を取る受け皿となる宮家の維持のためであれば、この記事の議論も重要ではある) ちなみに女性天皇(愛子様が即位するなど)はありだと思っています。 (※念のため、女系天皇とは意味が異なります、女性天皇が生まれると、王朝が変わることになります。 イギリスでいえば、エリザベス2世は男系女子なので現在のウィンザー朝、その子どもは皆、女系の男子女子なので、誰が継いでもウィンザー朝は途絶えます。 愛子様は男系女子なので、エリザベス女王のような立ち位置ですね。 日本は、この王朝の交代が一度も起こっていない稀な家ってことですね。そこに価値を見出すが、維持にコミットするかは人それぞれ考えがあると思いますが)
290Picks
NORMAL