Picks
84フォロー
4798フォロワー
日本初のバーチャルスニーカー発売、価格は5イーサリアム
WWD JAPAN.com
竹下 隆一郎ハフポスト 日本版編集長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
390Picks
ハフポスト日本版とBuzzFeed Japanが合併へ。次世代を担う主役たちと作る「新メディア企業」の3つの戦略を説明します
ハフポスト
竹下 隆一郎ハフポスト 日本版編集長
合併交渉/プロセスのど真ん中にいました。記事を書いた竹下です。 相当ポジティブな合併になったとおもいます。 ハフポスト日本版もBuzzFeedJapanも収益性が高く、両社とも単独で黒字でした。ハフポストの日本版は、世界的にみても好調で、4期連続の黒字。合理化が進んだアメリカやイギリスなどとは違うロジックで交渉が進んでいたのが印象的です。 これまでハフポストのUSの幹部と何度も何度もディスカッションをしてきましたし、今回を機に、バズフィードのUSの戦略も知ることができました。英語のテレカンも、スピーディだし、クリエイティブ。とても会話しやすいです。 映画会社や動画配信サービスとの提携も進んでおり、場合によっては、日本にも適応できるスキームが多数あると感じました。 さらにいうと、日本のインターネットはLINEやSmartNewsなど、USとは別のエコシステムが存在しているため、グローバルとは異なるメディアの経営戦略を練ることができます。 また、今回の統合によってメディアパワーを高めることで、1本の記事あたりの収益の改善にもつながりそうです。PV以外のビジネスモデル開発も既に行っていますが、よりやりやすくなりました。 広告部門で働くハフポスト社員にとってはポジティブなニュースとして受け止められました。外資系企業にとっては親しみがあるメディアであるため、企業理念やブランドセーフティなどを重視するクライアントとのビジネスチャンスが広がるからです。 日本の課題としては、メディアのビジネスデベロップメントができる人材がまだ少ないのかな、と今回も痛感しました。2020年代のネットメディアは、これまでと異なる変化が起きており、新しい人材が求められていると改めて感じております。社会に対する課題意識のほか、とても高い理念と、仕組みをデザインしていく力の複合的な組み合わせが求められます。 (※ コンフィデンシャルな部分を避け、議論のきっかけとなるような公共性の高い論点だけをシェアさせていただきました)
167Picks
NORMAL