Picks
220フォロー
92フォロワー
日本人が自分たちに課した「そうしちゃいけない禁止令」 家ではできる“普通の思考”が、会社ではできなくなる理由
ログミー
戦後、同じ法則で勝ってきた日本を30年停滞させた2つの限界 本来、すべての経済人が持ってなきゃいけない思考方法とは?
ログミー
田中 幸宏フリーランス 編集者&ライター
具体と抽象の行ったり来たりが思考を深めるというのは、その昔『知的複眼思考法』の苅谷剛彦先生にインタビューしたときに教わりました。意図的に抽象度を変えながら、個別の「事象」から共通する「法則」を導き出し、今度は共通する「法則」から別の「事象」を照射すると、背後にある原理が見えてくる。『DXの思考法』で西山さんがおっしゃっているのはまさにそれで、読んでこんなに興奮したのは久しぶりでした。そして、このセッションも知的刺激に溢れてます! #ダブルハーベスト #DXの思考法 冨山和彦さん「要するに抽象原理に関しては、僕に言わせるとほぼ、それこそヘンリー・フォードとか、あの時代にでき上がった仕組み。まず大量生産・大量販売のハードウェアで産業を成り立たせるっていうモデルができ上がった、その法則の中でわーっと日本は成功してきたから。 むしろ普遍化能力・抽象化能力よりも、要は具象化するところで戦ったわけですよね。それがまさに、改善だったり改良であったり現場主義であったりっていう、日本型経営の真髄はほとんどそこに収れんされているし。すり合わせっていうのは、まさに具体化のプロセスなんで。だからそこでずっと40年、50年、もっと言っちゃえば明治以降の百何十年、それで戦ってきたわけです」
42Picks
NORMAL