Picks
24フォロー
4550フォロワー
起業家を大企業で育成、政府が雇用協力に費用補助へ
読売新聞
松田 千恵子東京都立大学 東京都立大学大学院 経営学研究科 教授
なぜ間に大企業を挟む? 直接スタートアップを支援すればいいこと。 なぜ大企業での経験がスタートアップの支援になる? 逆だろう。下手にそんなことをすれば、尖った人材を無意味に丸くするだけ。 必要なのは、大企業が独占している昔ながらの利権やしがらみ、無意味な規制の見直し。政府がやるべきなのはそっち。スタートアップに、そんなことに割く時間はない。 利権や規制対応のために、大企業の人材を派遣する? 大企業は、そんなことをするためにエース級の人材など絶対に出さない。スタートアップから見れば、送られてくるのは利権やしがらみ、規則にどっぷり浸かったおじさん、おばさんだけ。そんな人材はスタートアップの成長をむしろ阻害するだけ。 もし、エース級の人材を自社で育てられない大企業がスタートアップにそれを委ねたいなら、まず自社の人材開発を猛省すべきだし、預かってくれるスタートアップにはちゃんと自腹で然るべき対価を払うのが当然。補助してもらわないとエースが育てられないなんて恥ずかしいこと。 結論。大企業が扱いに困っている中高年その他「不要」とされてしまった人材の受け皿にスタートアップを使おうという、大企業の要員対策としては願ってもない施策。・・・というのは穿ち過ぎ? でも、露悪的にそう思ってしまうほど趣味が悪い感じ満々ですね。
444Picks
NORMAL