Picks
349フォロー
108095フォロワー
【核心】スタートアップ経営者が注力すべき、たった一つの仕事
NewsPicks編集部
朝倉 祐介シニフィアン 共同代表
ロコ・パートナーズには個人でご出資しており、買収前には社外取締役を務めていました。 記事にもある通り、完全にIPOを念頭に置いていたこともあり、篠塚社長から買収案を聞いた時には驚きましたが、結果として非公開ながら、日本のスタートアップとしては大きな規模の買収が実現しました。 日本のスタートアップを取り巻く環境を発展させる上での課題の1つがM&A件数の増加だと思っていますが、そのためには成功事例の創出が必要です。この点、KDDIグループに入った後も継続成長したロコは、1つのロールモデルになると思います。 成功の背景としては、買収以前にKDDIとの間接的な資本関係があり、事業提携を通じて事前に相互理解が深まっていたことが大きいのではないかと捉えています。 買収する側も、される側も、事前にやり取りが多かったことから「こんなはずじゃなかった!」という思い違いが少なかったのでしょう。 スタートアップへの投資が最終的に買収に繋がったという点で、大企業のオープンイノベーションの好事例と言えるのではないかと思っています。 篠塚社長には先日、令和トラベル設立の背景も伺っていますので、ご参考までに。 【令和トラベル篠塚社長1】コロナ禍中のタイミングで海外旅行事業を立ち上げ https://voicy.jp/channel/621/318058
350Picks
海外VCのみに出資、政府が新基金 スタートアップ育成
日本経済新聞
朝倉 祐介シニフィアン 共同代表
先日、経団連から公表された「スタートアップ躍進ビジョン」 にも同内容の記載がありましたね。 「最終的な投資先は国内のスタートアップに限る」と同時に「経営支援、投資判断などの知見を取り込む」とのことですが、想定されているであろう海外トップティアVCで、わざわざ日本のスタートアップに限定した投資、育成を喜んで引き受ける先があるのでしょうか。興味深いところです。 VCをコンサルティング業務や研修業務を行う下請け業者と捉えているかのように見受けられる節もありますが、投資という仕事に対して根本的な思い違いがあるように思います。 スタートアップに関する政策案は総じて表層的な論点に終止しがちですが、成長性のない市場にいくら対処療法を試みても焼け石に水です。 短期的対応として、リスクマネーが不足した特定領域に対する資金注入などの施策は必要ですが、少子化、教育、労働慣行といった日本社会が抱える根本課題に並行して取り組まない限り、単に「仕事をしているふり」で終止することでしょう。 これらは単に「スタートアップ育成」に留まらない、国家の成長戦略そのものに関する課題であり、政治こそが取り組むべき骨太な課題です。
163Picks
【入門】万能ツール「Notion」、達人の最強仕事術
NewsPicks編集部
朝倉 祐介シニフィアン 共同代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2558Picks
【歴史に学ぶ】今、私たちは「株式の死」を覚悟すべきだ
NewsPicks編集部
朝倉 祐介シニフィアン 共同代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1659Picks
【佐渡島庸平】なぜ今、仏教が必要なのか?
NewsPicks編集部
朝倉 祐介シニフィアン 共同代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
595Picks
NORMAL