Picks
346フォロー
107888フォロワー
サイバーエージェント、21年9月期決算は営業益208%増の1043億8100万円と過去最高業績 『ウマ娘プリティーダービー』が大きく貢献
Social Game Info
Sequoia dramatically revamps its fund structure as it looks to rethink venture capital model
TechCrunch
朝倉 祐介シニフィアン 共同代表
地味ですが、非常に興奮する内容です。 こちらの記事では主にSequoiaのストラクチャー変更に力点が置かれた説明がされていますが、AXIOSの記事(後掲)だとその背景がより詳細に解説されています。 特に同社パートナーの以下コメントは大変共感します。 「IPOの前夜になると、創業者たちは、私たちが取締役会を抜け出して、すぐに株式を分配しなければならないのではないか、という奇妙な力学を生み出しています。特に、多くの価値創造が後から起こるのに、なぜそれがデフォルトでなければならないのでしょうか」 4年前から「スタートアップ」という言葉を「未上場成長企業」といった枠組みで捉えるのではなく、上場後も含めて捉え、IPO後も継続成長するスタートアップを輩出することが新産業創出において重要だと唱え続けてきました。 ポストIPO・スタートアップの時代 https://newspicks.com/news/2461861 こうした課題意識がシリコンバレーでも共有されていることを感じた次第です。 こうした課題の解決のためには、ファンドの期限の制約や、未上場/上場を跨いだ投資枠組が実現できるかが重要なポイントになります。 期限の縛りや未上場/上場といったポートフォリオの制約がなくなれば、投資家側が早期の上場を促す必然性もなくなり、また上場後の継続成長を目指すことが共通のインセンティブになるため、事業成長というより本質的な課題にステークホルダーの目線感が集約できます。 そのうえで一番のネックになるのがLPの合意です。未上場株と上場株ではアセットクラスが異なり、アセットオーナー側の観点からはなかなか受容しにくい内容ではあるのでしょうが、この点、Sequoiaの新たなスキームが機能するのか、非常に気になる点です。 こうした枠組みが、日本でも作り出せるといいのですけどね。 Scoop: Sequoia Capital just blew up the VC fund model https://www.axios.com/sequoia-capital-fund-venture-capital-model-36425923-deff-430e-9945-09b0ccb69c78.html
66Picks
【解説】財政赤字は是か非か。米経済政策の行方を握る大論争
NewsPicks編集部
朝倉 祐介シニフィアン 共同代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
281Picks
【超入門】1万円で始める、素人のユニコーン投資がすごい
NewsPicks編集部
朝倉 祐介シニフィアン 共同代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1539Picks
〈政策課題を聞く〉成長導く起業支援を
日本経済新聞
朝倉 祐介シニフィアン 共同代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
NORMAL