Picks
181フォロー
4204フォロワー
東京都の病床過少発表は繰り返された 昨春も大幅修正 延長直前、政府に誤情報を報告
Yahoo!ニュース 個人
針生 康二
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
ソフトバンクG、佐護副社長が辞任 本人から申し出
Reuters
針生 康二
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1 on 1は“部下を指導する場”ではなく“ともに学ぶ場” 「最近どうなの?」から成長が始まる、問いを立てて考える力
ログミー
針生 康二
大事なことを多々書いていただいてますが、まずはここから。 「まず自分がそれを壊すためにできることを探してやってみる。うまくいかなくてもそこから学んで次をやる、っていうのが1つ。もう1つは「期首に設定した目標を達成したから(高く)評価する」っていうマインドセットは、組織がパフォーマンスマネジメントでやっていたりすると思います。」 なぜできない?→何ができる?何があるともっとできる?という発想の転換が必要です。 減点方式ではなく、加点方式。 そして、何ができる?で考えたことをスピーディに実行して目標達成できたら評価する。こういうアプローチがホント大切です。そして、そのためには、目標が具体的に設定されていることが欠かせません。 何ができる?を積み重ね、こんなこともできない?をやれたとき、 「「うちはやらせてもらえない」と思っていたら「やれる」というプラットフォームを提供された瞬間に組織のカルチャーチェンジのトランジション(移行)がドーンと起きた、っていうのがありました。」 ということにつながります。 そして、最後の質問の話。これ、要は相手に聞くテーマとか論点を具体的にしないと、問いを立てても、期待する返答がないよ、ということですね。 具体的に質問するには、相手の目標、今の能力、日々の仕事の様子をじっくり観察しておくことが必要です。 相手に関する情報がないのに具体的に質問することなどできません。 これができるかできないかで、1on1 や評価の質に劇的な差が生まれている、と感じます。
ピクシーダストテクノロジーズ、“好みの周波数帯で高い吸音率を実現する”革新的な吸音材「iwasemi™」の販売開始と社会実装パートナー企業の募集を開始
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
針生 康二
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
一人10万円超も NTTが山田前広報官と谷脇総務審議官に高額接待
文春オンライン
針生 康二
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
ホンダ、2月の中国新車販売は前年比7・2倍 コロナ禍の反動増
産経ニュース
針生 康二
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
ヤフー、副業マッチングサービス「Yahoo!副業(ベータ版)」開始
ITmedia ビジネスオンライン
針生 康二
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
952Picks
三菱自動車の事例に見る、Amazon Liveの可能性:新商品発表のハブ的な存在に?
DIGIDAY[日本版]
針生 康二
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
NORMAL