Picks
325フォロー
136フォロワー
ドコモとメドレー、「ミナカラ」全株式の共同取得を発表 患者の医療活用支援を加速
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
岡 洋Spiral Innovation Partners 代表パートナー
我々が運営するLogistics Innovation Fund(LIF)の出資先であるミナカラが、ドコモ/メドレー陣営に加わる事になりました。単独での事業成長よりも、力強く、より大きな事業成長を目指しての判断です。(瀧口さんの力強いコメントが心強いです!) LIFからは、2020年7月に出資させていただき、蓋を開けてみると1.3年でのスピードExitになりました。まず単純にVCとして早期にExit機会をいただけたこと、とても嬉しく思っています。ただミナカラへの投資の意義はそれだけに留まりません。 このLIFは「Sector-focused Venture Capital」として、セイノーHDと共同運営させていただいております。 ( https://spiral-cap.com/news/press-release-new-fund-012020/ ) ミナカラへの出資後まもなく、2020年12月にARUUと医薬品の即日配送に取り組み ( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000059046.html )、2021年3月には濃飛西濃とセントラル薬局を立ち上げ (https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000059046.html )、セイノーHDとの連携が、あれよあれよと進んでいきました。 ここにSector-focused Venture Capitalの真髄を垣間見た気がしました。確かにそこには非連続な成長があり、1社では成し得ない価値の創造がありました。両社の連携で、現在は店舗で購入するのが当たり前の医薬品ですが、これからは、ECで購入し即日に自宅に配送される世界が実現されようとしています。 今後ミナカラが3社の上場企業(docomo/メドレー/セイノーHD)を巻き込み創造していく、ユーザー本位の新たな医療サービスを期待してやみません。 最後に、ミナカラが紡いだ歴史の1ページに投資家として関われたこと、本当に嬉しく思っています。一旦株主としての役目は終えますが、いちミナカラファンとして、引き続き陰ながら応援しております!
98Picks
東京に4度目の宣言発令 迫る五輪、高まる第5波懸念
共同通信
岡 洋Spiral Innovation Partners 代表パートナー
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
224Picks
NORMAL