Picks
92フォロー
10708フォロワー
大手町の政府保有ビル売却へ 国内最大級の不動産取引
日本経済新聞
Furuyama MasayukiChemical Company Deputy Manager of General Affairs
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
281Picks
「おひとりさま」標準に 世界で3割増、官民で孤独克服
日本経済新聞
Furuyama MasayukiChemical Company Deputy Manager of General Affairs
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
暗殺100年はゴールじゃなかった 東京駅で原敬と交わした心の会話
朝日新聞デジタル
Furuyama MasayukiChemical Company Deputy Manager of General Affairs
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
外交ボイコットに中国反発、対抗措置へ=「対話や協力損ねる」と警告―北京五輪
時事通信社
Furuyama MasayukiChemical Company Deputy Manager of General Affairs
【国際】「そんなことを言うんだったら論法」になってしまうけれども、アメリカも「グアンタナモ収容所」というものを抱えているし、これまでの戦争で人権侵害や非人道的行為は繰り返してきたし、国内的にもマイノリティに対する不寛容さが残っているよね。他国の人権侵害に対して警告を発することも重要だけれども(ただし、それは「内政不干渉」という主権国家システムの原理原則には反する)、自らの国の人権問題についても厳しく律してほしい。 なお、この手の話になると「自由民主主義と人権の尊重は人類の普遍的価値観」という主張がなされがちだけど、現在の主権国家体系においてコンセンサスが取れているわけではない。現在の主権国家体系においてコンセンサスが取れているのは、あくまで「主権の尊重」と「内政不干渉」であるはず。個人的には「自由民主主義」と「人権の尊重」という価値観を支持するけれども、それは決して「普遍的価値観」ではないし、それらを「普遍的価値観」と規定することは危険。 外交ボイコットというのは政治・外交的には「中国のメンツをつぶす」ことになるわけだから一定の効果はありそう。記事にもある通り選手団派遣中止は最もインパクトがあると思うけれども、それ以上にインパクトがあるのは実はスポンサーによるボイコットではないだろうか?キリンビールが人権尊重を理由にミャンマーでの合弁を取りやめるという報道があったが、五輪スポンサーのグローバル企業も人権尊重を理由に北京五輪のスポンサーから下りるという決断をすれば、中国のメンツは大いに損なわれ、逆にスポンサー企業のブランドイメージはそれなりに向上するだろう。(もっとも中国という巨大な市場を失うことにはなるだろうが)。 日本としては、「どのような効果を招くのか?」という観点から適切に判断すればよいと思う。「外交ボイコット」に至らないまでも、開会式に参列する人物のグレードを下げるという対応もできるはず。たとえば、岸田総理は参列しないが、対中国で比較的うけの良い福田康夫元総理や、政界の実力者として安倍晋三元総理を特使として派遣すれば中国のメンツを完全につぶすことにはならない。権威主義的な性格の強い安倍前総理の派遣は、中国に対する強烈な「皮肉」になるはず。
250Picks
米、北京五輪「外交的ボイコット」発表 新疆での人権問題理由に
毎日新聞
Furuyama MasayukiChemical Company Deputy Manager of General Affairs
【国際】「そんなことを言うんだったら論法」になってしまうけれども、アメリカも「グアンタナモ収容所」というものを抱えているし、これまでの戦争で人権侵害や非人道的行為は繰り返してきたし、国内的にもマイノリティに対する不寛容さが残っているよね。他国の人権侵害に対して警告を発することも重要だけれども(ただし、それは「内政不干渉」という主権国家システムの原理原則には反する)、自らの国の人権問題についても厳しく律してほしい。 なお、この手の話になると「自由民主主義と人権の尊重は人類の普遍的価値観」という主張がなされがちだけど、現在の主権国家体系においてコンセンサスが取れているわけではない。現在の主権国家体系においてコンセンサスが取れているのは、あくまで「主権の尊重」と「内政不干渉」であるはず。個人的には「自由民主主義」と「人権の尊重」という価値観を支持するけれども、それは決して「普遍的価値観」ではないし、それらを「普遍的価値観」と規定することは危険。 追記: 外交ボイコットというのは政治・外交的には「中国のメンツをつぶす」ことになるわけだから一定の効果はありそう。記事にもある通り選手団派遣中止は最もインパクトがあると思うけれども、それ以上にインパクトがあるのは実はスポンサーによるボイコットではないだろうか?キリンビールが人権尊重を理由にミャンマーでの合弁を取りやめるという報道があったが、五輪スポンサーのグローバル企業も人権尊重を理由に北京五輪のスポンサーから下りるという決断をすれば、中国のメンツは大いに損なわれ、逆にスポンサー企業のブランドイメージはそれなりに向上するだろう。(もっとも中国という巨大な市場を失うことにはなるだろうが)。
370Picks
NORMAL