Picks
193フォロー
47420フォロワー
デジタル人民元、北京冬季五輪が普及の起爆剤か-展示会で民間と火花
Bloomberg.com
西田 一平シンクタンク FinTechリサーチャー
今年の7月に人民銀からデジタル人民元のリサーチペーパー(英語)出てますが、一言で言うと「もうこれで現金使う理由はないよね?だからみんなの為にも取引監視するよ」です。 特徴的なのは ・国は法に基づき取引監視できる ・デジタル人民元はハードウェアウォレット、オフライン取引、匿名小口取引など、現金機能を全て網羅済み ・中銀や事業者はデジタル人民元への為替取引で個人から手数料を取ってはいけない 昨今のアントフィナンシャルへの懲罰的対応も含め、決済を政府に取り戻そうとしている、大きな流れが垣間見えます 【追記】誤解なきよう補足すると、デジタル人民元が出てきてもおそらくアリペイは使われ続けます。というのも、人民銀は「デジタル人民元はコンテンツ、アリペイはウォレット」と公言しており、UIは既存の決済アプリに便乗すると想定されるため(例: PayPay‬の「ライトマネー」のように、種類でデジタル人民元が加わるイメージ)。 > デジタル人民元のテストが進展 アリペイも参加 人民網日本語版 2021年05月11日 http://j.people.com.cn/n3/2021/0511/c94476-9848852.html その辺の相互運用性を確保し、現象面では国民生活に影響ないように見せるあたり、人民銀はさすが賢い
40Picks
NORMAL