Picks
220フォロー
6478フォロワー
20億ドルがほぼゼロに──「世界初の大規模な暗号資産の取り付け騒動」とは
CoinDesk Japan
白石 陽介株式会社ARIGATOBANK 代表取締役CEO / 東京都DXフェロー
DeFiのイールドファーミングで話題になっていた、TITANがわずか16時間で100%近い下落し、大騒動になっています。TITANは、アルゴリズム型ステーブルコインであるIRONの担保に使われるコインで、法定通貨担保型ステーブルコインであるUSDCとTITANを組み合わせる事で、IRONが発行されます。 今回の暴落は、TITANの大量売りが起きた事によって、TITANが暴落した事がきっかけでした。 IRONはUSDC+TITANで1ドルを保持するアルゴリズム型のステーブルコインですから、TITANが暴落すると1ドルの価格が保持できなくなります。 通常は、TITANの価格が戻るか、IRONが買われ価格が上昇すれば1ドルに戻ります。 しかし、TITANの価格下落が急であった為、ペッグが戻らず、IRONの保有者は、IRONをUSDCとTITANに分解し売却する事で、1ドルを取り戻そうとします。結果、TITANが売られ続け価格下落が加速し、今回の事象が発生したと考えられます。 TITANはほぼ無価値になりましたが、公式発表によるとIRONのUSDCへの引き換えはUTC 5PMに再開するとのことです。 発表をみるに、運営はもう次のプロジェクトを考えているようですね。逞しいというかなんというか、、 https://ironfinance.medium.com/iron-finance-post-mortem-17-june-2021-6a4e9ccf23f5
296Picks
GMOフィナンシャルHD、ワイジェイFXを完全子会社化 289億円
Reuters
NORMAL