Picks
220フォロー
6330フォロワー
「スマホ壊して!」ドコモ店員が衝撃営業の理由
東洋経済オンライン
白石 陽介株式会社ARIGATOBANK 代表取締役CEO / 東京都DXフェロー
ドコモショップがdカードGOLDの付帯であるケータイ補償を悪用した手口を勧誘文句にしているということですが。呆れますね、、 ケータイ補償の対象として、 dカードケータイ補償とは、ご利用中の携帯電話端末(※1)が、ご購入から1年以内(※2)(dカード GOLD会員の方は3年以内)に、偶然の事故により紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損等)となってしまい、新たに同一機種・同一カラー(※3)の携帯電話端末(以下「新端末」といいます)をドコモショップ等(※4)で、ご契約中のdカードを利用してご購入いただいた場合にご購入費用の一部を補償する、dカードの会員向けの特典です。なお、補償にあたり、当社所定の審査があります。 とあります。また規約には、故意の事案については保証しないと明記されています。 会員もしくは法定代理人の故意・重過失または法令違反によって生じた事故による損害。 補償金額を詐取する目的で偽装された事故による損害。 当然のことですが、虚偽の申告は規約違反になりますから保証どころか発覚した場合は解約もありうる行為です。 ケータイ補償は、対象物の性質上、破損することも多く、故意なのか事故なのかを外形的には判断しづらいのは事実です。とはいえ虚偽申告をして、補償をうけるのが倫理的に許される行為かというと言わずもがなでしょう。
121Picks
レシート買取アプリ「ONE」開発の19歳起業家、“買い物するだけでお金がもらえる”新サービス公開
DIAMOND SIGNAL
NORMAL