Picks
1458フォロー
290512フォロワー
GE、大型洋上風力で初の「台風規格」 日本に設置へ
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
第6回 IPOにおけるマーケティングプロセスの実務
note(ノート)
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
freeeの新たな挑戦を支えるIRプラクティス
note(ノート)
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
インテル、米で受託生産「50社と協議」 業界に温度差も
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
導入の議論スタート SPACは日本に必要か
INITIAL
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
SPACについて、米国の状況をメリデメ両面で記載して、また上場環境の違い踏まえて日本も記載している。 トップ画像の「ディープテック」と併せて、記事でも取材されているWiL久保田さんの『SPAC上場は、宇宙やバイオなどディープテックが多い傾向。通常のIPOだと厳しく規制されるforward lookingな事象も、SPACなら自由に伝えられるから、と推察。CFは出にくいが、世界観を語ることで時価総額を作れる』というTweetが、SPAC関連では印象に残っている。本記事で久保田さんが述べられている民主化の側面もあれば、それは民主化された結果責任を発行体も投資家も負うこと。 https://twitter.com/kubotamas/status/1367641901113827328?s=20 そのなかで下記はCrunchbaseの「なんでSPACの買収対象はEVが多いの」という記事で、上記の文脈だと思う。 https://newspicks.com/news/5754469 記事にあるように技術のお墨付きとして、SPAC側に専門家がいることも多い。また大企業が投資していることもあるが、投資時点ではSPAC上場するか決まっていない中で、信頼できまっせと利用されていると思うケースもある。トラックレコードが良い方が経営陣にいる一方で、上場資料を見ると微妙で、残念に思うことも多い。 少なくともこれまではSPAC側は上場するとかなりのリターンが出る構造で、一方でそこから1年保有するとマイナスリターンというのが下記記事にあった(ちょっと訳に自信はないが…下記でのコメントを見ていただきたい)。それが焼き畑農法的なインセンティブを増強している。 https://newspicks.com/news/5751917 <追記>Mizuuchiさんのコメントが考えさせられる(有難うございます!)。Grabのように実態があり投資家が3年コミットする場合もあれば、既に詐欺問題になっている企業もある。一緒くたに議論はできないが、売上がなかったりほぼゼロでも未来はバラ色と主張する企業とバイオベンチャーの違いは、パイプラインだと思う。 バイオベンチャーは経済価値転換はまだでも、大手とのパイプライン契約など成功すれば転換する契約が存在する場合が多いと思い、それも見て投資家が判断する。<追記終>
117Picks
容量を約2倍に高めた0.1mm厚の積層セラコン、太陽誘電が発売
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
インドネシアにEV電池材工場、独BASFなどニッケル製錬検討
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
英送電大手NG、EVにらみ事業再編 配電最大手を買収
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
NORMAL