Picks
1505フォロー
290082フォロワー
ベルギーの全固体電池スタートアップが13億円調達、imecスピンオフ
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
シーメンス・エナジー、風力子会社にTOB 資材高で逆風
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
日米欧主要14行、対ロ損失1.6兆円 侵攻長期化で逆風
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
「脱石炭」孤立深まる日本 G7、米独が歩み寄り
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
ドイツのロシア産ガス依存、3年以内に脱却可能=RWE
Reuters
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
【最新起業家】僕は、「日本のお酒」で世界を獲る
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
783Picks
NYダウ 99年ぶり8週連続で“週末終値が前週より値下がり”
NHKニュース
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
下がり方としては「ショック」ではない。 ①でダウの長期推移が見れる。崖のようなショックは、2008年の金融危機、あと、2020年のコロナ。 今は、下がり続けてはいる。でも2007年後半のパリバショックくらいからの下げ(その時は利下げフェーズではあったが…②の真ん中くらいにFF金利の推移が長期である)のほうが、ジワジワ下げていく感じは強い。 人間は他者評価を気にする人が大部分。だから上がっていくときは自信過剰に、下がっていくときは不安になる。その繰り返しで、お金が過度に出たり入ったりして、値動きを増幅させる。それが全体としては適正な価格水準を一定担保するが、個別の企業や時間軸で見ると、上にも下にも歪なものが生まれる。特に全体が大きく動くときは、それに引っ張られて歪さが増す。 色々個別で見ているのだが、まだ調整が足りないものもあれば、過度に調整したと思うものも出てきているのが個人的な印象。 ショックのような下げは、システミックリスクが顕在化して、何かが「止まる」ことで発生する。金融危機は流動性が殺され、コロナは経済活動全般が殺された。今はそうではない。 ただ、Easy Moneyの時代に溜まった澱が逆回転で顕在化することはよくある。SPACはそれの一例だが、金融システム全体を揺るがすレベルではない。不動産とかカードとか、すそ野が広い領域で何かシステミックなものが出てこないかには注意したい。 ①https://yhoo.it/388nosm ②https://jp.investing.com/central-banks/fed-rate-monitor
104Picks
楽天携帯「月額0円」廃止の舞台裏 法の壁と想定外
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
楽天モバイルの0円廃止について、制度面も含めて分かりやすい。 記事の電気通信事業法の内容は知らなかった。ただ、ワンプランに拘らなければ無料も継続できた。その意味で、経営の意思決定としての値上げ。 インフラ事業は、多額のコストがかかるし、インフラゆえの安定性も求められる。だから新規参入が難しく競争が起きにくいし、規制産業でもある。そして規制当局(通信の場合は総務省)は、規制を調整することで、新規参入で業界を刺激し、既存プレイヤーが高シェアゆえに顧客本位にならないことを変えようとする。 その意味で、楽天に他社が追随したという点で、総務省の当初の目論見は果たせたといえる。 楽天から見たときはどうか。 個人的には、参入プランは甘すぎたと思う一方、今回の意思決定はその甘かった前提とその後の早期のMNOの競争プラン発表という想定外へのリカバリーには必然に見えるし、良いと思う。 前提が甘かったのは、①の基地局などが代表的。仮想化など新しい技術のリスクテイクは分かるものの、キャリアの累積的な巨額投資の必然を甘く見ていたと思う。 一方で、3社の早期追随は想定外だったと思う。②は2020年9月の5Gプラン正式発表のものだが、年末までにはMNO3社が追随プランを発表。追随で獲得想定(絶対数も効率も)が変わったと思う。 MVNOでもそうだったが、安いから頻繁にキャリアを変えるわけではない。なぜなら面倒だから。ジワジワ広がるが、それでも全部変わるわけではない。だから獲得をして、習慣化の度合いを見て、有料転換を進めるのが当初のプランだったと思う。でもその獲得の母数・効率が変わった。だから戦略を変えて、出血を減らし、楽天経済圏を活用して時間をかけて増やす。 逆にキャリア3社は、経済圏への対抗を金融とECの両方でどうするか。キャリア3社も経済圏を広げるため、買収や提携を強化するかもしれないし、最後楽天を買収するところが出てくるかというのは、昔からシナリオの一つとして妄想していること(③、④)。 ①https://newspicks.com/news/4193919 ②https://newspicks.com/news/5265774 ③https://newspicks.com/news/6111250 ④https://newspicks.com/news/6131426
現代自動車、米にEV工場 6300億円投資で需要増に対応
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
中国車載電池大手CATL、タイ企業にCTP技術のライセンス供与
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
【核心】日本の製造業がグローバルイニシアチブをとる方法
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
211Picks
NORMAL