Picks
1506フォロー
290191フォロワー
製造から廃棄までの排出量、製品単位で表示
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
稲葉善治(21) 海外提携
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
米政権とインテル、二人三脚の2兆円新工場 透ける焦り(写真=AP)
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
四半期開示、見直しへ 短期の利益追求懸念で―金融庁
時事ドットコム
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
125Picks
SaaS「買収王」分散型台帳に的 ウォール街変化の好機
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
液体水素、日本が輸入へ=豪州産石炭原料に世界初
時事通信社
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
103Picks
英蘭シェル、正式に社名変更 「ロイヤル・ダッチ」外す
Reuters
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
【亀山×鹿毛 後編】商売を「当てる方法」は存在するのか
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
エステーの鈴木会長からの採用エピソード、面白い。こういう商人系の経営者、亀山氏もそうだが、個人的には大好きで、鈴木会長については是非下記記事なども。 再現性については、自分は「普通の人」にとっては重要だと思う。というより「失敗確率が高い領域を避けられる再現性」とでも言おうか。成功の方が再現確率が低く、だから失敗の確率を下げることで、合計して期待値を上げられるというか。 自分のなかで、商人系の経営者(≠普通の人)は、過去の失敗経験などから元々その嗅覚を持っている。そのうえに、成功への嗅覚、それはタイミングよくリスクテイクしたり損切りすることも含めた嗅覚がある。そこはセンスとかクリエイティブとかリスク特性が絡むから再現性が低い。 一方で、再現性が低い領域で、似た形での失敗が多い。だからその経営者には見えていても、周りから見えないことが多く、過度なリスクテイクに見えることがある。でもこういう経営者には見えていて、また他がやっている失敗は「似て非なるもの」であることが多い。ここらへんは完全に経験は必要だが、経験だけで鍛えられない経営センスの領域なのだと思っている。 だから、自分含め大部分の普通の人は、明らかな失敗を避ける再現性を上げて、打席に立ち続けて結果を一定出し続けて、失敗しても心折れず、経験を積み重ねながら、一歩一歩「見えるモノ」を増やしてセンスが少しなりとも前に進むように地道に努力し続けるのが合理的。 社長と経営者は違う。その差はなにか - エステー会長 鈴木喬 https://newspicks.com/news/1396247 イノベーションはハッタリから生まれるのだ - エステー会長 鈴木喬 https://newspicks.com/news/1385261 【イノベーターズ・ライフ】独裁だから成功する。エステー会長・鈴木喬の暴れん坊人生 https://newspicks.com/news/1603110
182Picks
ANAとJAL、米国5Gサービスの影響により19日以降の米国便が一部欠航へ
ケータイ Watch
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NORMAL