Picks
1489フォロー
290295フォロワー
あらゆるスタートアップの株式情報を握る秘密企業
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
371Picks
NTT、米シリコンバレーのグループ拠点集約 連携を強化
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
キャッシュの山、不都合な真実 「死んだ資本」うずたかく
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
初の民間人だけ宇宙旅行、成功 元気に下船、「新時代幕開け」
共同通信
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
383Picks
去る菅首相がやった仕事「勝手ランキング10選」
東洋経済オンライン
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
533Picks
ホンダ、新車納期1年超えも 半導体不足が販売にも影
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
納期一年はモデルによる。メーカーとしては楽観的な見込みより最悪の場合を伝えるほうが、顧客との契約・期待値を履行できない状態より買えない不満のほうがまだ対処しやすい現実があろう。 とはいえ、それは商機を逸することとの表裏一体。それでもこういう期待値設定をしないといけないほど深刻ということ。 最近になって一気にこういった報道が出てきているのは、半導体不足の根本課題が解消されていないということ。 下記でコメントしたが、半導体は生産開始から納入まで数か月かかる。なので昨年末くらいからの需要不足について、そこから逐次でキャパ確保・生産がされていれば解消したり悪化はしないタイミング。 それを各社は期待したり、政財界協力して供給を確保しようとしてきた。だから短期的な減産で年後半には回復といった見通しだった。そうなっていないのは、結局自動車用半導体の生産が、そもそも半導体需要が様々なところで活発な中でキャパが取れなかったり、古い装置を使うことが多く、この好況の中で装置メーカーもそれをいまから作るには限度があったりなど、様々な要因が重なっているのだと思う。 そして、こういう状況が続くと「何が何でも確保しろ」とサプライチェーンのいたるところで多重発注が部品でも装置でもうまれ、供給パワーができるころには在庫がダブつき、というのが過去のシリコンサイクル。 サプライチェーンでの在庫把握など、情報技術も使って昔より改善しているのではないかと思うが、最後に発注などをするのは人間。ここ久しく大きいシリコンサイクル来ていないが、どうなるだろうか? https://newspicks.com/news/6198385
123Picks
【迫真】31歳。クリエイター界の「教祖」はいかに生まれたか
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
672Picks
【亀山×宇野常寛】「検索で出てこない世界」に目を向けよう
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
好き嫌いの世界だが、理解してくれる人・くれない人などなど、二元論的な価値観は好きではない。ある断面ではこのようにバイナリに分けられるかもしれないが、人間の思考・価値観は無限の次元があると思い、別の断面では正反対になっていたり、一個人のなかでも相矛盾するもの。 それが人間や社会の複雑さだし、面白さ、しなやかな強さでもあると思う。また、二元論的な価値観が好きではないというのも「自分の価値観」であって、そうではない価値観が存在することが貴重。 そのうえで、主には表現を中心に、本記事に同意できない点は多いのだが、ただ本記事から自分なりに捉えた根底の課題意識は、みんなが言っていることばかりや自分の興味ばかりを追うリスクなのではないかと思った。それはSNSなどでの承認欲求、共感欲求によって加速されている。 そしてそこにはとても同意する。 今ちょうど読んでいる最中なのだが、「共感という病」という本が面白い。 共感は、誰かを動かしていくためには必要。特に近年はその力が重視されていると感じるし、基本的にはプラスな印象が強いと思う(共感力が高いとか、誰かを共感によって動かすことができたり、協業したりする)。 それ自体は否定しないもの、一方で何かに共感をよりしていくということは、磁石みたいなもので、そうではないことへの反発というか凝縮性を高めている側面、ある事象・断面での二元論的な価値観の促進もある。そして共感が善と捉えられがちなので、無意識的にそれが起こっていることが多い。 感情は個人も集団も動かすパワーがある。ただ、それが行き過ぎれば原理主義や過激な主張になる。人間だから共感することも反発することもある。一個人でも複数の断面での時に矛盾する現実や、集団組織での矛盾の包含、かといって「どれもいいよね」では終わらせず「どれも理解できるが、今はこれでいこう」みたいな決断も必要。 様々な共感があるなかで、共感の負の側面への注目や、共感との適度な付き合い方、共感と多様性の共存の重要性が上がってきているように感じている。 共感という病:https://amzn.to/3kizOkC
270Picks
【動画】河野氏の「増税」と「脱原発」に質問集中 総裁選討論会
産経ニュース
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
194Picks
NORMAL