Picks
1495フォロー
290238フォロワー
ESG商品 「S投資」こそ本命
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
エレファンテック「プリント基板製造装置で世界首位に」
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
ウィーワーク、21日に上場へ SPAC経由の合併承認
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
EV価格は「5分の1に」 日本電産、巨大市場で大勝負
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
新生銀、21日にTOB反対表明 実現性低い譲歩案提示も
共同通信
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
上限撤廃がなぜ条件となるかというと、新生銀行の論拠としては親子上場によって残る株主が不利益となる可能性があるから賛成できない、というのがあるため(①)。 一方、SBIの今回の提案は、この48%を取得するというのがポイントになっている。②に詳しいが、銀行法では過半を握らないと子会社とならず、経営の自由度が高い。一方で会計基準的には、実質的に支配している条件をクリアできれば連結にできる。だから上限撤廃は自社の事業の自由度を下げるために、認めにくい。 またもちろんそのための持ち出しの金額も少ない。今後新生の株価が下がれば、国の保有分以外は再度TOBする可能性もあるのではないかと思っているが、最初から全額だとプレミアムを多く払う。でもこれは上限がある中で売却できなかった株主には自分が選択したわけではないのに不平等が発生し、新生の最初から全部を取得すべきというのは株主平等の原則からは真っ当。とはいえ、そもそも新生が株価上げていればこういう事態になっていないよねというSBIのそもそも論も真っ当。 なお、日経報道(③)をみると、それ以外に価格の引き上げも賛成条件に入りそう。そして、これだけ報道されているってどうなのか、というそもそものツッコミもある… ①https://newspicks.com/news/6259056 ②https://newspicks.com/news/6234997 ③https://s.nikkei.com/3BV78o6
12Picks
市場あっての資本主義 成長も分配も解はそこに
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
とても共感する。 ①の岸田首相の四半期決算撤廃に関する点でコメントしたが、金融市場が唯一会社に利益面で厳しくするインセンティブがある。だから冷徹に、より成長する企業・産業に資源配分をしていくパワーがある。 格差の拡大は、日本だけでなく世界全体の課題だし、そこには資本主義も関わる。一方で、市場を十分に生かしてこなかった日本は、一種甘えて、経済全体が成長していないという事実がある。 ②も併せて是非見ていただきたいが、企業こそ経済のエンジン。ESGのなかで、S:社会が活発になるには、時間を多く過ごす働くということがしやすくなる・楽しくなることは、個人的には重要だと思う。 企業が従業員に配慮を適切にして働きやすくすることは持続性にもつながるし、その原資として稼ぐことは重要。その稼ぎ方も、付加価値がしっかりあり、サプライヤー・顧客などステークホルダーに誠実であれば、関わる人が幸せになる。 そこの選別を、①でコメントしたように顧客市場や雇用市場はするし、それらを総合して儲けが持続的かを金融市場が見ていく。金融市場もESGの動きの中で持続性をより意識していき、無法図な稼ぎ方にNoというようにもなっている。 うまく資本主義や株式市場を活用して、企業・経営を磨いて、日本社会全体が再出発となり、成長も分配も良くなっていく方向に向かってほしい。 ①https://newspicks.com/news/6194265 ②https://newspicks.com/news/6284793
53Picks
ファミマ、郵便局に無人店 人口減時代のインフラに
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
原油先物は反落、中国政府の石炭相場介入姿勢で
Reuters
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NORMAL