Picks
1450フォロー
290578フォロワー
トヨタも採用の3Dプリンターメーカー、SPAC上場で時価総額2200億円へ
Forbes JAPAN
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
MarkforgedのSPAC上場、①も併せて。 リアルテックの上場について、WiL久保田さんの②のTweet『SPAC上場は、宇宙やバイオなどディープテックが多い傾向。通常のIPOだと厳しく規制されるforward lookingな事象も、SPACなら自由に伝えられるから、と推察。CFは出にくいが、世界観を語ることで時価総額を作れる』が示唆的。 その観点で③の上場資料を見ると、スライド30は売上がホッケースティック(急激な成長)になっている印象。実績・見込み値についてCAGRを早い時期からとっているので70%と出ているが、2019・2020年に停滞。資金調達して拡販や新規プロダクトなどで急成長する可能性もないとは言えないし、2025年予想約700億円は工作機械市場などを考えると可能性はなくもないが、でもホッケースティック。④でコメントしたJobyよりははるかにマシではあるが… ただこういう世界観を語って、時価総額含めて期待値が醸成されると、その通りにならなかったときに経営リソースがその消火に費やされてしまう。上場で資金を得る人もいるし、また消火にリソースが費やされればよりR&Dに専念したい人には魅力的な場ではなくなりかねない。 時間軸がかかるからこそ、SPACとかではなく、腰を据えて技術の目利きができるファンドや事業会社からの資金がもっと回っていって欲しいと、製造業好きとしては思う。 ①https://newspicks.com/news/5642599 ②https://twitter.com/kubotamas/status/1367641901113827328?s=20 ③https://bit.ly/38beOpq ④https://newspicks.com/news/5648111 <追記>Saitouさん、ありがとうございます!Proto Labsは面白いですよね。ただ、ファウンダリ業態に装置側が行くことは、半導体製造装置メーカーと半導体メーカーなど他業態を見ると、自社装置・他社装置のConflictで顧客最適にするのが難しいのでは、と思っています。 とはいえ、スライド23にあるようにソフト要素が重要になり、変わる可能性もあるのでしょうか?CTOの方がPalantir出身という点と併せて気になっています。<追記終>
90Picks
米、IT解体論者を補佐官起用 規制強化への布石か
共同通信
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
Ford sells stake in lidar maker Velodyne
Automotive News
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
日鉄、1万人規模の合理化
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
5Picks
中国の新エネ車生産・販売台数、6年連続で世界トップ
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
【超入門】本当のESGランキング
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
是非見ていただきたい記事。 個人的には、ESGは長期持続性という観点では重要だと思う一方で、記事でも指摘がある様々な評価・ランキングの乱立など課題が多いと思う。 社会が変わるときには、基準を基に画一的に満たしていくことで後押しとすることも必要。ただそこには、社会を良くしていくという観点だけではなく、様々な競争・ポリティクスもある。 年金などの金主としては長期でのリスクリターンが重要。一方、金主に売り込む運用機関はなぜこれを買うべきか、そして報酬比率が他より高い理由があると嬉しい。そして評価機関やESG指数などはそれを使ってもらえるとフィーが入る。 ESGが気にされていない時代からESGをやっていた企業はしっかりとやっていることが多いと思う。経営に余裕があるから、そういう観点にも目を向けたり事前にリスク対処をしたり、そもそも経営にポリシーがあるからそういう取り組みをしている。それが長期のポジティブなリスクリターンにつながっている。一方、みんながそれを取り組み始めたら、他社と比較して優位性が持続するか。またこういう動きが出てきたから一種画一的に取り組み始めた企業が未来・長期持続的に優位になるのか?2000年代半ばのSRIブームとそれが消えたのもそういった点への疑義があったと思う。 時代を経て、社会的な要求も高まるし、過去の失敗からも学ぶ。でも推し進めようとするのは社会意義だけでなく、ビジネス主体の色々な「合理的な思惑」もある。 連載で自分自身もいろいろ勉強していきたい!
1541Picks
【黒木亮】なぜ世の中に「カラ売り屋」が必要なのか?
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
空売りについても、コンテンツへの思いについても、共感する点ばかり。 Gamestop含めた空売りにやRobinhoodの「株式市場の民主化」ついては、①のスタイリィ中村さんの記事も是非併せてみていただきたい。価格決定権と価格発見力があり(これは②の第六回で詳細)、市場が資源分配機能として働くためにはボラはあれど健全な価格発見力があることが重要だと思う。発見は多様な意見があるからされ(それによって売買が成立する)、ひずみが大きいと考える主体が買うだけでなく売れる(空売り)ことは、重要だと思う。 SPACは、PMFもしていないのに評価が高すぎるものが多く、また上場資料などもかなり杜撰だと思う。期待が増幅するときはどこまで増幅するか分からないので空売りしにくいが、もう少し時間軸が経っていくと、不正会計や不適切な情報の流布など含めて、空売り屋が一気に狙ってくると思っている。SPAC含めて、是非黒木さんの小説が見たい! そういえば、記事に出ているサイバーダイン空売りしたCitron(う〇こレポート…)は、今年になって市場が上がりすぎて空売り戦略をやめると発表(③)。Citron自体は好きではなかったが、こういう時は大体天井。ITバブルの際の、バフェットの負け方やジュリアン・ロバートソンがTiger Managementを畳んだのと相似だと思う。 ①https://newspicks.com/news/5631816 ②https://note.com/propro/n/nc2afea854943 ③https://newspicks.com/news/5579145
421Picks
NORMAL