Picks
1451フォロー
290575フォロワー
MS、架空映像で遠隔共同作業 クラウド活用、アバターで参加も
共同通信
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
248Picks
リコー、発行済み株式の20.02%・1000億円上限に自社株買いへ
Reuters
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
今日の中計発表と併せたかなり大規模な自社株買い。 まず、リコーは株価967円、時価総額約7000億円、PBR約0.75倍。 20%買えば1400億円なので、現状株価を考えると実際には1000億円が上限になるだろうが、それでも大規模。 ただ売上は約2兆円ほど。元々事務機業界は過去の伸びている状況から変わってきていて構造改革を進めていたが、コロナ禍でリモートが進み、印刷需要は減少。四半期で見ても10-12月期の売上はYoY-14%の4311億円。かろうじて9億円の営業黒字ではあったが、そんなに明るい状態ではない。一方で、株主にエフィッシモがいたり、低収益化と構造改革の繰り返しで累積で利益が出ていない状態。 変化が必要な状態で、その変化の原資となり、時間を稼ぐ資本を自社株買いするのが果たして正解なのか。上場しているジレンマがありそうにも思う。 下記が中計資料ではあるが、オフィスサービス(ITサービス)の成長が前提。ただ売上は2025年までで約4000億円増(2019年度6000億円弱)、営業利益では現在の290億→810億と約3倍レベル。 スライド26-28に還元の考え方が出ているが、あくまで2021-25年の類型営業CFが6000-7000億円という前提。スライド28を見ると、うまくいった際の追加の株主還元や有利子負債なども出ているが、一方で事業環境が厳しくなれば負債コストも上がる。成長投資はM&Aが3000億円という計画(個人的にはM&A枠の開示は好きではないのだが…)。こういう機会がいつくるか分からないのと現状を考えると早めにまずは還元せざるを得ないというのがリアリティかもしれないが…改革含めて何とかうまくいってほしいとただただ願う。 https://jp.ricoh.com/-/Media/Ricoh/Sites/jp_ricoh/IR/events/2020/pdf/r02_keiei.pdf
【熱狂】ベンチャーマネー殺到、「生協型EC」ってなんだ?
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
449Picks
IPOプロセスにおける計画策定と予実について
note(ノート)
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
プレイドIPO記事の三回目! IPOに関わらず、「計画」はとても難しい一方、うまく使いこなせるとすごい武器になると思っている。 企業・事業・外部環境、すべて変わる。一方、結果は数字で最後には出てくるし、またその数字もどういう時間軸で見るかで評価は変わる連続性があるもの。そのなかには、必達達成のものと意欲も含んだ夢もあるし、また定性的には数字には表れなくても必ずやらないといけないこともあるなか(ガバナンスや品質に関わるものは大体これ)で、目で見える数字を追いたくなる「重力」的なものもある。そしてこれらで文脈・ゴールが共有されてAlignmentが取れていればよいが、そうではないと人・コミュニケーションでハレーションが起こる(というか、これは必ず現在進行形で大なり小なりどこかで起こっているという前提のほうがいいと思う)。 考え方・組織に多様性があるほうが山谷を超えられると思っているが、ただ多様性がある組織を一つの方向に向けるにはコミュニケーション投資含めた枠組み設定や、それをやりきる根気・胆力が本当に必要。 LTSGについての言葉は、これら表裏一体になっていることをものすごく凝縮していると思う。 このように変化して、常に矛盾が生じる中で、経営や経営企画の進化の方向性を考えている(発表はしたものの現在進行形で全社で模索中…)のが、今月1日に発表したSPEEDAの「アジャイル経営」ホワイトペーパーです。 本記事にもかなり重なるテーマ、興味持たれた方はぜひこちらも併せて! https://newspicks.com/news/5651870
41Picks
アドバンテスト、機密守り遠隔支援
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
ウーバー、料理宅配を全国拡大 外食の業態転換加速も
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
152Picks
【1分解説】日本も本格議論スタート。「炭素税」は実現するか
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
740Picks
NORMAL