Picks
1526フォロー
289749フォロワー
Google、OpenAIの「ChatGPT」競合「Bard」を限定公開
ITmedia NEWS
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
同じ質問をしたときに、どういう回答差異が出てくるかが気になってくる。 まずは事実ベースでの正誤、そのあとは読みやすさ。 ChatGPTのミソについての自分のざっくり理解は ①超大量にデータを事前に読み込ませる ②わずかなデータで、①で作ったものを活用して、欲しい回答がでるようにする ③人間が好ましいと思う回答の出し方をする というもの。 ちなみにGPTはGenerative「Pre-trained」Transformerの略。Transformerという仕組みを使って、事前に学習させ、Generative=生成する(次に続く文字を)。 ①のステップで、Googleが元々作ったAttentionと呼ばれるTransformerという処理方法の一種を使って、効率的にできるようになった。 そして、それを特定の作業に対応できるようにするために②がある。機械学習で「教師データを必要とする」というものは、①・②を分けずに、かつ大量の教師データを必要とすることが多かった。一方で人間はそこまで大量のデータがなくても、これまでの蓄積+わずかなデータでできるようになることに近づいた(Few shots learning)。 そして、③でInstructGPTというものを作った。②の拡張版とも言えると思うが、人間が好む出力を作るようにした。 下記などが、相対的に分かりやすくまとまっている(数式部分などはすっ飛ばしているが…) 【論文解説】Transformerを理解する https://data-analytics.fun/2020/04/01/understanding-transformer/ 【論文解説】OpenAI 「GPT-3」を理解する https://data-analytics.fun/2020/12/07/openai-gpt3/ OpenAI の ChatGPT がセンター試験の英語を受けたら何点ぐらい取れるか試してみた https://data-analytics.fun/2023/01/29/openai-chatgpt/ ChatGPT 人間のフィードバックから強化学習した対話AI https://www.slideshare.net/ShotaImai3/chatgpt-254863623
484Picks
トルコで大地震【最新情報】隣国シリアも被害 死者計3700人超
NHKニュース
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
255Picks
非上場化でどうなるNewsPicks?【松本大・佐久間衡】
NewsPicks Studios
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
189Picks
スペースジェット、開発中止決定 次期戦闘機に知見生かす
Aviation Wire
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
388Picks
三井住友銀行、2023年初任給5万円上げ みずほ銀行も24年検討
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
222Picks
【衝撃】日本は今、「人を生かせない」クライシスにある
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
人的資本や人財活用は、「雇用市場の正常化」だと捉えている。 そして、究極的に必要なのは「企業が、成長に執着し、実現すること」だと思う。 採用・育成は「投資」。投資だから、リスクをとり、リターンもロスもあるし、短期的ではなく中長期を見たい。 採用して、色々な経験を積んで、スキルや出来ることが増え、それを活かして事業を牽引してほしい。採用者・雇用者・上長の責任は、そういう機会を創り、任せ、成長したら自ら機会を創ろうと思えるようになるか。併せて、成長した方をちゃんと昇格させ、雇用市場の中で給与・業務内容・就労環境といった観点で、転職ではなく自社が選ばれ続けるかの総合格闘技。 そのためには、事業が成長していないといけない。なぜなら、事業成長が機会や昇給の原資で、会社が事業成長に拘らないと、成長した個人にとって魅力的な存在であり続けられない。魅力的な企業が、魅力的な人財を吸引し雇用でき、そうでない企業は逆となる。だから「雇用市場の正常化」につながる。 ただ、企業として成長し続けるために「損切り」も必要で、解雇規制の緩和も必要。そうじゃないと、魅力的な人財にとってアンフェアになりやすいし、企業のフェーズが変わることに対応できない。 だから、個人側では、自己の成長に責任を負うことが必要。 キャリアは、やりながら見えてくるのが現実。やってみて、手塩に掛けることで情熱に気づき育つこともあれば、そうでないこともある。だから会社に対して基本はドライであっていい。雇用市場のなかで競争力がある人財になる機会や投資がされていないと思えば、雇用市場に出て問えばいい。 ただ、会社が悪いと思っていても、実際に転職すれば、自己の努力が原因だった可能性もある。また現実論として、年齢によってどれだけリスクを取れるかも違う。キャリア初期から成長すること、中盤でもペースの差はあれど成長し続けることの重要性が上がっている。 成長をその時々でどれだけ重視するかは、個々人の選択。ライフステージもあるから、常に成長を盲目的に負うことを義務付けられることも良くないと思う。だから個人と企業がお互いにフェアであること、期待値の対話を続けることが重要。 企業が成長に執着すること、個々人が自己の成長に責任を負うことの両輪が、人的資本=人が活き活きと能力を発揮して働き、社会全体として実現するためには必要だと思う。
1885Picks
米、中国情報活動解析へ 偵察気球残骸の回収急ぐ
共同通信
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NORMAL