Picks
1497フォロー
290242フォロワー
NTTコム・コムウェア、ドコモの子会社に
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
ドコモの完全子会社化の際の適時開示でも記者会見でも触れられていた点で、驚きはない。 『対象者としては、本取引を通じて公開買付者の完全子会社となり、例えばエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社やエヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社の能力活用等、公開買付者グループの保有するリソース・アセットを戦略的かつ機動的に活用することで対象者の持つ事業基盤を強化することが、そのための最短かつ最も確実な手法であると認識しているとのことです。』 https://www.ntt.co.jp/news2020/2009/pdf/200929ba.pdf 具体で何が変わっていくのかは、国内ではNTTコミュニケーションズをコアとした法人向けの強化(①)。海外ではNTTコミュニケーションズが国際通信担当しているので、海外投資を再開というのは既に昨年10月時点でのNTT澤田社長のインタビューで出ている(②)。 NTTコミュニケーションズ・富士通・FANUCと組んだDUCNETという製造業デジタル支援のように、IoTなど無線通信+ソリューションという領域(③)ではないか。この合弁自体はコミュニケーションズだが、コムウェアのほうがシステム中心。そしてシステム・ソリューションやっていくという観点では、NTTデータどうするというのが次に気になる点(NTTが54%保有)。 ①https://newspicks.com/news/5515327 ②https://newspicks.com/news/5283257 ③https://newspicks.com/news/5283689
12Picks
【解説】財政赤字は是か非か。米経済政策の行方を握る大論争
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
【入門】選挙を「10倍」楽しむコツ、教えます
NewsPicks編集部
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
誰か、選挙含めた国政について、中立的でファクトや解説を中心に、でも親しみやすく発信されているメディアやTwitterなど、知っていたら教えてほしい! イメージ、テレビで言うところのカネオくんとか、だろうか?あとはブラタモリ的というか(でもあれは相当マニアックか…)。 選挙は毎回投票しているし、一定の報道を普段から経済中心に追っているものの、構造的な理解とか、政党・候補者と政策のつながりを十分に理解できているかというと心もとない。 その意味で、経済についてほど真剣に取り組めていない。投票を欠かさない自分でもこうだから、情報としては相当に「伝わっていない」と思う。 選挙に行こうと声掛けされる方はマジメだと思う。素晴らしいこと。 ただ、投票率を変えるには、行動変容が必要。専門性を十分持ち、かつ中立的な人が監修し、ど真ん中だけど分かりやすく継続的に、というのが重要だと思う。マジメに合理で訴えるより、結果的に理解が膨らむが、興味を持ってもらうことは重要だと思う。とはいえ、それが行き過ぎてアジテーションとかセンセーショナルになりすぎるのも違うので、バランスは難しいのだが。 池上特番は好きだが、その時の祭としてだけでなく、継続的に一定日々接したい。
224Picks
パパひとりでも、娘とお出かけしたい
NHKニュース
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
テスラ、半導体不足かわす
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
5Picks
パリからクルマが消えた? 欧州で激変する交通事情
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
変異続くデルタ型 英で派生型「AY.4.2」じわり拡大(写真=ロイター)
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
インテル、悪い知らせは先に出す
The Wall Street Journal
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
バハマのデジタル通貨、発行1年で普及せず 促進策課題
日本経済新聞
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
トヨタが方針決めた、ジェイテクトに駆動系部品を移管する狙い
ニュースイッチ
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
コロナ「集団免疫」は夢物語か、遠のく英の期待
The Wall Street Journal
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
定点チェック的に…リンクは全てOur World in Data。 英国でコロナ感染者数が増えている。下記は主要国の100万人あたりの7日移動平均感染者数で、英国はデルタ株ピークの7月後半くらいに増加している(一番のピークは1月頭)。それ以外の国は下落基調。 https://bit.ly/3jtgAbe ワクチン接種率では、英国は一回でも受けたことがある人は7割超。接種率が高いなかでの感染増加はなぜなのかは気になる。摂取だけでなく活動やマスクも影響はしているだろうが…あとはタイミングとして、摂取が始まったのは1月くらいで、4月には半分を超えている。2回摂取から半年経過した人が増えてくるタイミング。 なお、日本はもう一息で主要国の中でトップの接種率となりそう。日本は6か月後というタイミングでは年末~3月くらいにどうなっていくか? https://bit.ly/3Gh78Bl ワクチンは、感染だけでなく重症化・死者数にも影響する。その観点で、イギリスの7日移動平均死者数を見ると100万人あたり2人であまり上下していない(感染者数は足元700人で、6月以降400人で上下)。また、米国の方が高く5人。 また感染者などのカーブに比較すると、ここ半年は低位で抑えられていて、ワクチン・治療方法などの進化を感じ、ただただスゴイ。 https://bit.ly/3jNwayH 感染と重篤化・死ぬことへのリスクが減ったのは素晴らしい。ただ、軽症と言われる症状には友人・知人も何人かなったが、辛そうだった。あとは、軽症と言えど辛い分けで、当たり前だがその時に入院できるかで不安は大きく変わる。 ワクチンは症状も和らげるというが、ワクチン打った状態で感染した軽症というのは、どれくらいなのだろう? また、変異株が生まれること自体を抑えたり、医療ひっ迫を抑えるという観点では、やはり感染自体を減らすことには意味があると思っている。普通の生活とのバランスではあるが、時間軸なども含めて、またたまに見ていきたい。
23Picks
買収したRed Hatは成長を続けるがIBMの苦戦は続く
TechCrunch Japan
Kato Junユーザベース SPEEDAアナリスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NORMAL