新着Pick
cover-image
icon-image

シリコンバレー・プロダクト・シンキング

フォロワー
695
2023/03/27
このトピックスについて
このトピックスについて
トピックス説明
テクノロジー産業はデバイスやサービスなどのプロダクトによって牽引されています。優れたプロダクトをデザイン、開発、運用するためには、プロダクトに対する深い知識と洞察、プロダクト・シンキングが求められます。このトピックではセカイカメラからcocoaまでさまざまなプロダクト開発に携わってきたオーナーが新旧...
続きを読む
キャラクトクラシー - AIの時代に人間に求められるのは人間性
こんにちは。今週はWBC、すごかったですね。準決勝の大逆転劇もですが、栗山監督に指導されたダルビッシュがチームをまとめ、最後は同じく栗山監督に指導された大谷に繋ぐ。大谷は自分で打ち、最後は14年前のダルビッシュと同じくスライダーで三振を取り、優勝を決め、MVPを得る。漫画のシナリオで書いたら、非現実的すぎるとして却下されそうです。 大谷選手などが象徴的ですが、スポーツ選手のキャラクターが昔とは変わって来ていると感じることがあります。例えばイチロー選手などは孤高の職人のイメージがありました。大谷選手はチームメイトとじゃれ合う様子などもよく報じられ、コミュニケーション力の高さが感じられます。 先週
「人間らしい対話」だけでない大規模言語モデルの可能性 - チューリングの夢
(Image Ank Kumar CC-BY-SA 4.0) こんにちは。今週は生成AIにとって大きな週になりました。火曜日にはGPT-4が発表、即座にChatGPTから利用可能になりました。同じ日にGoogleも大規模言語モデルのPaLMのAPIを公開、GmailやDocsなどのアプリケーションへの生成AIの搭載も発表しました。水曜日には画像生成AIのMidJourneyの新バージョン、木曜日にはMicrosfot 365のCopilot機能の発表がありました。 中でもわかりやすくインパクトのあったのはMicsorosft 365 Copilotの発表でしょう。 AutopilotからCop
Humane - AI時代のコンピューターのカタチとは
こんにちは。今週のシリコンバレーは、Silicon Valley Bank(SVB)の破綻の話題で持ちきりです。40年間にわたってシリコンバレーで、地元のスタートアップなどのメインバンクとして機能してきた資産規模で全米16位の地方銀行が、突然破綻しました。預金の引き出しが停止され、このままだとシリコンバレーの企業らの給与や取引先への支払いにも影響が出るかもしれません。 破綻の背景などの解説はもちろん他の有識者に譲りますが、シリコンバレー、ひいては米国経済の先行きへの不安が銀行の信用不安を招きました。リーマンショックのようなシステミックな信用不安への引き金にはならないとも言われていますが、ますま
対話型AIのようなメガトレンドにプロダクト・シンカーはいかに備えるか
こんにちは。今週は、ChatGPTを提供するOpenAIから、ChatGPTの機能を利用できるAPIが公開されました。驚きを持って迎えられたのが、利用料がこれまで提供されていたGPT-3のモデルの1/10(100万トークンの入力で2ドル)と劇的に下げられたことです。入力はChatGPTの振る舞い方を指定したりするためにも使えます。また、音声認識モデルのWisperも同時に公開されました。筆者も触っていますが、プロンプトのテキストを渡すことでChatGPTの応答を得ることができます。 わずか数日の間に、すでにAPI を活用した多数のデモが公開されています。その中でも目を見張ったのが、以前からバー
メタバースは辿り着けない聖杯 - ニーズはあるのか?
こんにちは。土曜日に、名店として名高いバークレーのレストランChez Panisseに行く機会がありました。50年前にシェフのアリス・ウォーターズが開いた同店は、地元産の食材にこだわった、フレンチやイタリアンのスタイルの料理を、毎日一メニュー提供しています。メバルのソースは魚自身のダシを効かせ、ニンジンはニンジンの味がきちんとし、素材の味を最大限に活かした味わいでした。 ITにどっぷり浸かっていても、というかどっぷり浸かっているからこそ、オーガニックな食などリアルな経験を求めるようになるのかもしれません。実際バーチャル世界の開発の中心地であるシリコンバレーが、自然が豊かでトレッキングやサイクリ
BingにCOCOAの総括報告書を読み解かせてみた
こんにちは。今回は、Bingのチャット機能を使って、デジタル庁が公表した新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」に関する総括報告書を読み解いてみたいと思います。COCOAは、2022年11月に運用を停止しましたが、その活動にはどのような効果や課題があったのでしょうか? 対話型AIは、シリコンバレーで大きな注目を集めています。人と自然な会話ができるAIは、様々な分野で活用されており、情報収集や学習支援などに役立っています。Bingのチャット機能もその一例です。この機能を使えば、ウェブ検索だけでは得られないような情報や知識を手に入れることができます。 --はい。みなさん。気づきましたか? そ
Begun the AI Wars Have - ChatGPTが火をつけたCopilotという新しいUXパラダイム
こんにちは。まだまだ肌寒さを感じるクパチーノですが、ジョギングの途中に桜が咲いているのを見つけました。日中は15度程度まで暖かくなるので、日本よりも早く開花するようです。 リストラや株価の下落など冷え込んだ話題の多かったテックですが、今週は熱い戦争が話題になっています。もちろんAI検索を巡るMicrosoft/OpenAIとGoogleとのつばぜり合いです。今週、MicrosoftからはBingウェブ検索およびEdgeブラウザへの、OpenAIの大規模言語モデルGPT-3(ChatGPTの基盤でもある)を用いた自然言語回答、チャット、コンテンツ生成の搭載が発表されました。 ほぼ時を同じくして、
行政もプロダクトも、人が作っている
こんにちは。土曜の夜は、Code for Japanの関さんがベイエリアを訪問されており、スタンフォードで研究員をされている知人と一緒にお食事をしてきました。サンフランシスコのユニオン・ストリートのCamino Altoというレストランに行ったのですが、オーガニックな食材を使ったベジタリアン・フレンドリーなカリフォルニア料理で、最高でした。 お二人とも行政とITシステムやデータに関わるお仕事をされており、そうした分野についての話で盛り上がりました。 公務員をもっとリスペクトしよう 筆者は、学校の同級生などで国家公務員に進んだ知り合いもいます。COCOAなどの仕事でももちろん行政と関わりました。
ChatGPTの成功の背景にあるプロダクト・シンキング
(ヘッダー画像:Jérémy Barande CC BY-SA 2.0) こんにちは。最近は、子供の保育園、こちらでいうとデイケアやプリスクール探しをがんばっています。まだ英語は喋れないため日本語のできる場所を探しています。なかなか数が限られていて、申し込んでも空きが出るまで待機リストで18ヶ月など待ったという話も日本人の方からは聞きます。とはいえ少しすれば日本の幼稚園相当のキンダーガーデンに入学する予定です。移民の多いアメリカなので、初等教育ではESLなどの英語教育が充実しています。子供の言語の習得能力は目を見張るものがありますね。 シリコンバレーにとどまらず世界中のテック産業は引き続き、機
Teslaの自動運転は目的地にたどり着けるのか
こんにちは。この一週間で、Amazon、Microsoft、Metaがそれぞれ1万人を超えるレイオフを行いました。筆者は幸い今のところレイオフ対象にはなっていませんが、日本人を含む同僚などにも対象となった人もおり、他人事ではありません。グリーンカードの取得を進めるなど、どういう状況になっても対応できるよう備えておくことは必要だと思います。 さて、シリコンバレーに戻ってきたら、ベータ(有償)に登録していたTesla Model 3のFull Self Driving(FSD)が利用可能になっていました。2週間ほどの間、クパチーノ/サンノゼ近辺で利用してみました。 使ってみた感想としては、完全自動