「大分県メタバースギルド」が始動

2022年8月25日
全体に公開

先日愛媛に行って、地方×メタバースの可能性を確信したことを記事にしました。それをきっかけに、私も坂本さんのように、まずは自身の地元で活動を、と思い、地元大分県にてメタバースの可能性を探ろうとメタバース関連の事業や取り組みを共有しあえる団体として、ギルドを立ち上げました。

なぜギルド?

ギルド、という名称にした理由は

①ゲームや異世界転生っぽくてワクワクする。

②協会、連盟のように、識者の集まりではない。何か決まりをつくる組織ではない。

③商工会という意味合いがあり、嫌儲ではない、ビジネスをからめることを前提にしたかった

特に②を強調したいという狙いがありました。団体としての目的をあえていうのであれば「きっかけをつくるための団体」

過去に愛媛に伺った際に、このような印象を持ちました。

  お話ししていて感じた課題は、都心ですでに行われている先行事例を、多くの人が知らない、ということです。「0→1」で二の足踏むのは当たり前なのですが、すでに社会実装がされているものを「1→1」や「1→10」にできるということが情報として入ってこない。チャンスが存在すること自体を知っているかどうかの情報格差は、地方と都心とである程度存在するのかもしれません。  
参照過去記事:タイムラインがNYで埋まるなか、愛媛にいた
「物理的には絶対にメタバース事業が愛媛で出来る、が、圧倒的に情報が足りない」という着地を見ました。これは恐らく他の地方自治体でも同じようなことが起こっているのでは、という仮説と、皆さんの熱気を肌で感じたことによる大きな学びを、むしろ私のほうにいただいて帰りました。  
参照過去記事:タイムラインがNYで埋まるなか、愛媛にいた

情報流を活発化させることにより、地方で生まれるものがあると確信しているからこそ、ギルドによる情報交換を積極的に進めていこうという結論となり、発足に至りました。

ギルドで情報交換する
→すると隣人がこんなことをやっている、という生きた情報が届く
活きた情報は人に勇気をくれるし、協業のきっかけにもなる

そういう場にしていきたいです。

第0回目としての活動

賛同してくれた地元大分のコワーキングスペースのDIVEの皆さんのご協力もあり、8月13日にイベントを催すことができました。

フライヤーやポスターまで作ってくださって、恐縮です

予想していたより遥かに豪華な会場(楽屋に風呂ついてたよw)と多くの観覧者の皆さんに来ていただき、熱量の高さに改めて驚きました。

参加人数は成功のKPIではないとは思っていましたが、すごいテンションあがりました!

実際に手を動かして「3Dシイタケ」を作り、それを販売する。あえて「商売する」ことを重視したプログラムを組み、メタバース内での経済圏を体験していただきました。

DIVEのクラスター会場にも多くの人が!その場でクラスターをDLしてメタバース体験をしていただきました!

自治体×メタバース、Web3はポテンシャル満載

今回のイベントをきっかけに発足・進捗したプロジェクト
・第二回 meta wave oita(メタバース勉強会)
・Vket2022冬の個人出展を目指す大分県人会
・高校でのメタバース部発足を目指す運動
・大分県マイクラ会
・メタバースを活用し障碍者雇用拡大を目指すプロジェクト
・商店街をクラスターで作るプロジェクト
・作った3Dモデルをひたすらアップして褒めあう会

フロンティアにある産業はスタートラインがみんな一緒なので、都心と地方の格差を埋める材料になりえます。挑戦のための精神的な足かせをつけているのは「〇〇さんもやっている」のような情報が流れてこないこと。ここに情報流を興し、第一歩を踏み出す勇気ときっかけを今後も提供していきます。

私からのクエスト(3Dモデル制作依頼)も残してきました!

これらのプロジェクトは日々「大分県メタバースギルド」のディスコードにて、進行状況が共有されていきます。ぜひ大分県在住、大分県出身、大分県に少しだけ興味がある、方々はディスコードにご参加いただけると嬉しいです。

招待コード
https://discord.gg/M8fKsHBHgt

同じく登壇したvTuberの剣崎雌雄さんと勝手に2ショット

また、ぜひウチの地元でも!と興味ある方、相談乗りますので、いつでもお声かけください!(観光したいだけ感)

応援ありがとうございます!
いいねして著者を応援してみませんか



このトピックスについて
伊集院 龍吉さん、他2228人がフォローしています