新着Pick

特集:アートビジネス

【山本豊津】画廊はアートの価格をどう決めているのか
NewsPicks編集部
塩崎 悠輝International Islamic University Malaysia 助教授
アートが画商に仲介されて世に出るようになったのは、ごく新しいことです。画家や彫刻家が、「新しい物の見方」をその作品で示してみせても、作品が多くの人に享受され、評価されることがなければ、社会に衝撃を与えることにはなりません。かつては画家や彫刻家は教会や寺院、王侯貴族、あるいは豪商から直接注文を受けて、その注文の範囲内で斬新な「新しい物の見方」を示したりしていました。教会や寺院、王侯貴族が発注すること自体が社会的な評価であり、世に出るために必要でした。  ヨーロッパでは18世紀になると従来より広い層がアートを自宅で享受するために作品の仲買をする美術商が増えていきました。日本やヨーロッパにはそれまでは庶民に向けて浮世絵や銅版画を売る商売が存在していましたが、出版商やかわら版屋に近い商売でした。19世紀になると、国家が、国民国家創成のイメージ普及の重要な手段としても、アートを支援するようになりました。日本などでも、アート市場は新興近代国家としての必要から、国家が支援したのが始まりです。  現代は、教会や寺院、王侯貴族が価値を定める時代ではなくなりました。国家もまた多くの先進国では価値を定める存在とはいえなくなりました。価値を定めるのは、市場であり、メディアであり、つまりは経済です。アートによって「新しい物の見方」を示す方法も多様化していますが、市場で通貨に換算されるか、メディアで普及するか、が必要になります。ダイヤモンドやファッションと同じで、ニューヨークやパリを中心に市場での価値を定める仕組みがあり、それで流通に乗るようになっています。もはやインターネットも使えるし、表現の手段はマンガでもインスタグラムでもテレビCMでもありえるので、アートを世に出して人々に享受できるようにしていく仕組みは今後も変わっていくでしょう。今となっては、日本だとスマートフォンのゲームで絵師の皆さんが描いたキャラのカードを(ガチャで)買う、というのがアートを享受する最も大きな市場ともいえます。中国では小学生同士がアプリで自分たちのイラストを交換してwechatで数百円程度の決済をする、といったことをしているようですし、ネット上で手軽にアートを流通させて享受する手段も増えていくでしょう。
232Picks
【スライド】今さら聞けない、現代アートの歴史と読み解き方
NewsPicks編集部
塩崎 悠輝International Islamic University Malaysia 助教授
「新しい物の見方を示して見せる」ということは、古今東西、アートの役割でした。何も20世紀のアメリカに限ったことで貼りません。たとえば、日本で6世紀に蘇我氏や物部氏の時代、渡来した「仏像」というもので神の姿を表現する、というのも、「新しい物の見方」でした。その後も仏師たちは大仏であったり、写実的な人物像であったり、様々な物の見方を示そうと試み、時に激しい批判を呼んだり、社会に衝撃を与えたりしました。  「新しい物の見方」が登場することは、社会に大きな衝撃をもたらします。それはアートに限らず、ビートルズがそうであったように、詩や音楽でも可能なことです。あるいは、地動説や相対性理論、いくつかの心理学の学説がそうであったように、多くの哲学や自然科学、社会科学でも可能なことです。  20世紀には、そういった「新しい物の見方」が社会に衝撃をもたらす仕組みがよく理解されるようになり、どうやったら社会に衝撃をもたらす「新しい物の見方」ができるのかひたすら追求されてきたところがあります。現代アートがどこから始まったのか、は、いろいろいえることですが、カンディンスキーが抽象画を始める前にはアフリカ美術の影響を受けたピカソがキュビスムで様々な物を四角形でとらえようとしました。ピカソの前にはセザンヌや印象派の画家たちが、自然を写実ではなく一瞬の印象をとらえて絵画に表現しようとしました。その前の自然主義やロマン派の画家たちもまた、前の世代とは異なる「新しい物の見方」を示して、社会に衝撃を与えてきました。ですから、古来からアートが繰り返してきた「新しい物の見方を示して見せる」ということが、繰り返されているだけともいえます。20世紀は、グローバル化や機械化、自然科学の発展などで、「新しい物の見方」を示す余地が広がり、加速したということはいえます。
881Picks
【山口周】アートの素養を高めれば、論理的能力も向上する
NewsPicks編集部
大高 健志MOTIONGALLERY / Popcorn 代表
楽しみな連載が始まりましたね。 「特に新規事業のような先の読めないビジネスに取り組むときには、コンサルタント的な論理重視の戦略ではうまくいかないことが多い。」 これは、前職で戦略コンサルをやっていた時に本当に実感しました。コンサルタント個々人の能力というよりは役割の話だとも感じましたが、ファクトベースでMECEな分析や提案が大前提として求められている立場で、特にiPhone誕生以降の新規事業立案に求められる非連続的イノベーディブで直感的な体験創出との相性の悪さにモヤモヤしたのを覚えています。 なので、今のコンサルファームがデザインファームを買収していく方向性はとても納得感があります。 ただ、アートは感性や直感だと記事の中にありましたが、 少なくとも現代美術は非常にロジカルで構造的です。 美術史や社会史などを演繹法で論理を何層にも積み上げています。なので美しいものとして耽美的に向かい合う姿勢は誤解のもとかなと思いますし、感性が鍛えられる訳でもない気がしています。 一方、自分自身が積み上げた論理を自ら破壊し再構築を繰り返すアートに親しむ事は、確かに、いつのまにか1つのKPIに縛られて猛進してしまう事から逃れ、そもそもの目的を何度も問い直す様な本質的なクリティカルシンキングを獲得するという観点ではビジネスなも有用かも。 山口さんのご指摘の様に、多様な正解の中にから自分で正解を決め自分でその正解を問い直す、そんな姿勢がこれからのビジネスパーソンにますます必要になる気がします。
1241Picks
【新】現代人の新たな教養。アートの歴史と業界地図
NewsPicks編集部
塩崎 悠輝International Islamic University Malaysia 助教授
リベラル・アーツが人間を自由にするといわれるゆえんは、ありきたりの聞いたことのあるようなことしか言えない人間ではなくなること、ほとんどの人が考えつかないような自由な観点をもつのに必要な教養を身に付ける、ということによります。  「クリエイティヴ・シンキング」とか多様性を理解するということは学校の授業でも訓練して身に付けさせようとされています。アクティヴ・ラーニングとかグループ・ワークとかといった授業のやり方で、そういった考え方を身に付けることが目的とされてもいます。しかし、そこで起きていることの多くは、ありきたりな、聞いたことのあるようなアイディアを出し合うことに過ぎなかったりします。特に日本だと、下手をすると、空気を読み合い、できるだけ無難な意見にまとめる訓練になていたりします。読書感想文のように、大人や世間が正解とするであろう意見を言うだけ、で終わる場合が多いです。  いきなり自由な視点を持てとか、クリエイティヴなアイディアを出せ、とか言われても出てくるものではありません。メディアやインターネットで聞いたことのある見方しか出てきません。斬新な意見、誰も考えたことのなかったような観点をもつには、知識が必要です。その問題に精通していることも必要ですが、古今東西の幅広い知識の蓄積、文学や美術、音楽、哲学、思想、様々な知識に通じていることで、かえってほとんどの人が思いもつかないような視点をもつことができます。そのような知識が教養と呼ばれます。アートの大きな役割は、誰もが見たことのある物事でも、誰もしたことがないような新しい見方で見て表現する、ということです。
1744Picks
【堀江貴文】僕はずっと、新しい「お金の研究」を続けてきた
NewsPicks編集部
堀江 貴文SNS media & consulting K.K. Founder
未だにライブドアの株式分割に関して誤解をしている人がいるのにうんざりする。当時分割直後旧株しか取引できず、旧株の株価は高騰し見た目の時価総額(ヤフーファンナンスとかに表示されてる額)は急騰したけど、例えば100分割ならたったの1%しか取引できないわけで、そんな「時価総額」を使って株式交換などできないのは明白。新株が流通したら株価も元に戻った。ただし、私がこの記事で指摘してる通り実質的には流動性こそが金融商品の価値の源泉であること、つまり売買単位が下がったことで流動性が上がりライブドア株の価値が上がったことは事実。そして、これはなんのズルもしてない、当時どの会社も平等にできた施策であった。たんに出し抜かれたことでSBIの北尾とかがブチ切れてたけど、たんに悔しかっただけ。その証拠に直後強引にアポとってうちの会社にきて「君は天才だ」って言ってたからね。本質的な価値の裏付けなどが必要なのはその通貨の立ち上げの時期だけ。かつて金本位制だったドルも、採掘コストがかかる金そのものも、そしてPoWで電力を労働の対価とみるビットコインも。イーサリアムはその証拠にPoWから電力を必要としないPoSに移行しつつある。ライブドア株だって最初はP/LとかBSに連動してたけど途中から乖離していったからね。
2384Picks
【匿名対談】億り人たちが明かす、仮想通貨の「不都合な真実」
NewsPicks編集部
後藤 直義NewsPicks 副編集長
仮想通貨は宗教戦争であり、ホワイトペーパーはその教典である。だからこそ特定の熱烈な支持者が、ソーシャル上でいがみ合っているんだと言う内容は、ものすごい納得感であり興味深いですね。お金の本質は信用創造であり、それは多くの人が信じるという共同幻想でワークするので、これが仮想通貨でどう決着するのか、億万長者の短期的な勝ち負けよりずっと興味があります。実は匿名座談会の参加者も、読んで行くとその点は実は完全に理解している印象で、ここら辺はサピエンス全史の続編に入れて欲しいくらいw また個人的に印象に残ったのは、シリコンバレーのセコイヤ・キャピタルなど、名門VCのなどの投資動向を英語ベースできちんとウオッチして、そこに追従するように「コバンザメ投資」をするような、したたか若手投資家たちの実情です。億り人のイメージとは真逆の、極めて熱心な研究姿勢です。 思えば2000年ごろのインターネットバブルの時の株式も、ほとんどが海の藻屑に消えましたが、その数少ない生き残りが、アマゾンやソフトバンクなど巨大なグローバル企業になったのは知っての通り。彼らがずっと億り人であるかは何の保証もありませんが、新しい経済圏のどこから、次の主人公が登場するかウオッチするのは面白い気がします。
728Picks
【初公開】仮想通貨マイニングの「聖地」をのぞいてみた
NewsPicks編集部
後藤 直義NewsPicks 副編集長
日本でもっとも電気代の安いのが北陸電力。つまり電気をたくさん消費する、仮想通貨のマイニング(採掘)にとって、国内ではどこよりも適している地域なのですが、そこで生まれている新しい「マイニングファーム」の内部を完全レポートします。彼らが作っているのは、いわば富裕層にぴったりの投資商品でした。 ポジショントークは、一切なし。いかに仮想通貨マイニングでもうけることが難しいのか、いかに最先端のスペックのマシンを入手することが大事なのか、そしていかに多くのマイニング事業者が赤字を出しているのか。詳細に語ってくれました。 世界数十兆円の経済圏に育った、仮想通貨の「縁の下の力持ち」が、ニッポンでどのように広がっているかを理解できる記事です。ぜひご一読ください。 ◼追記:仮想通貨マイニングは投資額や事業性によって、「一括償却」と「即時償却」それぞれに適用される可能性があります。1年間で全て償却できれば「即時償却」になりますが、この点は税務当局の見解もあるため断言できません。金融商品のPR記事ではないので、リターンの詳細や設計は特に書きません。一つ言えることは、徹底して内製化しているマイニングファームと、単に金融商品として売り出すために、突貫で作ったマイニングファームでは、収益率がまったく違うという事実です。
433Picks
新着ニュース
日航機事故遺族、夫への思い歌に 「幸せなときありがとう」
共同通信
少子・高齢化時代に備える鉄道各社のあの手この手(下)
財経新聞
EU、グーグルに巨額制裁金へ 競争法違反、数千億円
共同通信
長友選手が愛媛県訪問 被災地へ「勇気届けたい」
共同通信
焦点:韓国コスメが中国席巻、「裏の主役」に海外大手の熱視線
Reuters
マンデラ氏は英雄か裏切り者か、南アの若者に聞く 生誕100年
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
教室のエアコンの有無が、子どもの将来の年収にも影響する?アメリカの研究機関が調査
HuffPost Japan
残り5日!ドイツ生まれのタフなバックパック「DAYFARER」のキャンペーンが間もなく終了!
ギズモード・ジャパン
東証、新株価指数開発へ京大院と共同研究開始
Reuters
日の丸交通とZMPが自動運転タクシー営業実験、特定ルート走行
Reuters
福岡空港民営化、提案内容を公表 百路線、3千万人超利用へ
共同通信
中東で進む戦場のスターリングラード化
ニューズウィーク日本版
日本防衛費増の動き「仮想敵は中国」とロシア期待
財経新聞
習近平失権の噂が飛び交う 専門家「政治闘争が依然、激しい」
財経新聞
小中学生向け学習動画「スクールTV」にAIチャットボットが導入
CNET Japan
新しいインターネット銀行事業を開始
財経新聞
1歳児放置死で懲役5年、大阪 26歳母親、遺棄致死罪
共同通信
映画「ホイットニー」、話題に 人気歌手の素顔に迫る
共同通信