新着Pick

特集:未来の食

【新常識】これから野菜は、自動車のように「工場」で作られる
NewsPicks編集部
小野 淳㈱農天気 東京農業クリエイターズ
私が農業に転職したのは2005年でした。居酒屋チェーンの運営会社のグループで当時としてはかなり画期的な法人としての大型農場運営。北海道、群馬、千葉、京都など全国的に農場を展開ししかも全て有機農業でした。 初期投資の回収含めかなり厳しい経営でしたが、毎年の収支のキモとなるのがレタスでした。 レタスはご存知の通り、ちょっと触れば傷つくデリケートな葉物野菜で、シャキシャキの食感とサラダにした時の映え、オードブルなどの添え物として通年需要があります。 しかし、屋外での栽培ですと天候リスクがとても高い。高温期には収穫して即座に冷蔵しコールドチェーンで流通させないと溶ろけてしまうし、低温期は霜に当たるとやはり溶ろけてしまうので保温が必要。サラダ用なので雨天時の泥はねやアブラムシなどの虫害も致命的というかなり面倒な商材です。 栽培もさる事ながら収穫も時間との戦いなので、荒天時の現場作業はトラックの停車位置、パートさんの配置、作業分担を分単位でチェンジしたりと戦場のような有様でした。 しかしその分、天候がわるいと全国的に品薄になり、通常は12個入り1ケース1000円ぐらいですが、産地に不調があると市場でも1ケース1万円越えのような高騰を見せます。 ということでレタスは農業者にとってハイリスクハイリターンな勝負しがいのある野菜となっています。有機栽培の需要も高い。 もともと日本でレタス栽培が広がったのは進駐軍によるアメリカ人のサラダ文化が入ったからですが、進駐軍は日本人が畑で糞尿を撒いているのを見てギョッとして レタスの施設栽培を調布飛行場で戦後すぐ始めたのが植物栽培工場の起源とも言われています。 そのような特殊商材ゆえ、植物栽培工場が優位となれる数少ないジャンルです。 もう一つ、私が実際に取材して植物工場ならではの強みを発揮している商材となると感じたのが育苗です。 夏野菜に育苗分野ではかなりのシェアを持つ会社が植物栽培工場で冬季に初期育苗し、春先には自然光の育苗施設に移植、出荷というラインを作っています。 どこに工場の強みがあって、差別化を図れるか、今のところ限られている商材を拡大できるアイデアと技術が生まれるかがネックと思います。
507Picks
【完全図解】テクノロジーで変わる「仕事の未来」
NewsPicks編集部
【実例】霞が関、大企業、大学。異業種大コラボ時代が来た
NewsPicks編集部
佐藤 留美NewsPicks編集部副編集長
先週の月曜日から日曜日まで配信させて頂きました「フューチャースキル」特集、第二弾を本日と明日、公開します。 今日の記事は、霞が関、大学、大企業、スタートアップなど、「垣根を超えた」人材間交流がこれだけ進んできた、という実例です。 なかでもビックリした取り組みは「霞ヶ関初」だという、「週イチ官僚」を募集した経産省の取り組みです。2人の枠に1338人が殺到したというから凄い。政策立案に携わりたい、複業にチャレンジして知見を広めたいというニーズが多いことの証明です。 また、地元企業の「社長の右腕」として有給で試験的に働いてもらいながら、大学で客員研究員として学ぶという取り組みをはじめた信州大学のケースもユニークです。 3つ目の、大企業社員をベンチャーに「レンタル移籍」させるサービスを提供するローンディールがはじめたばかりのメンター制度。そしてボランティア・メンター同士のコミュニティ構想も意義深い。 私の個人的なメンターは、「自分と価値観が異なる人との対話がもっとも学びになる」と教えてくれましたが、こうした異業種コラボの例を見ると、その通りだなぁと感じます。是非お読みください!
472Picks
【直撃】数千冊を読んだ教養人だけ、入社できる「秘密のコンサル」
NewsPicks編集部
橋本 賢二キャリア教育研究家
どんなにデータサイエンスが進んでも、最後は個々人に寄り添うことができないと届きません。 本文中でも触れられていたAmazonのレコメンドにしても、アルゴリズムで多くの人の行動をもとにしたものなので、関心をもつであろう可能性が高いものに過ぎません。仮にデータのサンプルが偏っていれば、個々人の関心とは全く異なる文脈の可能性も示されます。 データサイエンスから示される解は、個々人がそれほど大切に思っていない定型的な選択に関しては、わずらわしい判断を効率化する手助けをしてくれます。一方で個々人の価値観に関わるところは、個々人の文脈が問題になるので、アルゴリズムで示された解は参考程度にしかなりません。 AIと人の違いを突き詰めれば、個々人の人に寄り添えるか否か。様々な経験や学びを総動員して、記事中の下記の言葉を実践するための観察力を磨くことが重要です。 >人に注意を払うのは、人文科学の学問の基本です。「集合体」ではなく、「個々人」がどのような体験をしており、何を感じているのかを観察するのです。 個人の経験と学びの掛け算は多ければ多いほど、複雑さを増すので、それを観察力として発揮することができれば、「個性」として強みに生まれ変わります。
3240Picks
【イラスト解説】ダ・ヴィンチを天才にした、すぐ役には立たない「10の習慣」
NewsPicks編集部
塩崎 悠輝静岡県立大学国際関係学部 准教授
「普遍的人間」というのがイタリア・ルネサンス期の理想的な人間のあり方とされていました。東京大学の入学式で「メタ知識」というのが話題になりましたが、そこでいわれたのは、大学というのは特定の技能、料理とか運転とかプログラミングとかのやり方(know-how)を学ぶところではない、そうではなく、「メタ知識」、つまり何をやるのにも応用の効く普遍的な知を学ぶところであるということです。普遍的な知(ある物事を深く理解する人文社会諸学know-what、ある事象がなぜ起こるのか理解する科学know-why)を身につけてこそ、社会全体に長期に渡って必要なことを理解し、新たなknow-howを創案することもできる、という話です。  大学Universityというのは普遍的Universalな知について学ぶ場としてヨーロッパで発展してきました。これは、「普遍的な知」が存在するというヨーロッパの世界観に基づくものです。「普遍的な知識」が存在するというのはキリスト教とも密接に結びついた考え方で、世界は全て神によって創られているのだから、全ての知識には関連性があるという発想です。数学は物理学や経済学に応用できる、化学は生物学に応用できる、というこの考え方は近代西洋の躍進の基礎でもあります。  レオナルドは、ルネサンス期、つまり「普遍的な知」を美術や手工業、都市設計、機械へと応用しようとしていた時代のあだ花のような人です。「普遍的な知」の他分野への応用はこの後急速に進み、大学も急速に変わって社会で大きな役割を果たすようになります。この変化は後にデカルトやライプニッツ、ニュートンらによって決定的になりますが、レオナルドは時代が早すぎたのと数学に弱かったこと、そしてラテン語ができなかったこと(これは、当時アラビア語、ギリシア語からラテン語に翻訳されつつあった最先端の自然科学書が読めないということでもあります)で、創始者としての役割は果たせませんでした。多くのアイディアは出したものの、体系化して後進に継承することができませんでした。
3024Picks
新着ニュース
為替相場  25日(日本時間 3時)
共同通信
米、中国製鉄鋼車輪に高関税導入 ダンピング認定=ITC
Reuters
米AT&T、四半期売上高が予想下回る ワイヤレス部門など低迷
Reuters
トランプ大統領、移民集団巡りメキシコ批判 国境閉鎖とけん制
Reuters
バイデン前副大統領、20年大統領選で民主党支持トップ=調査
Reuters
【シンガポール】音楽配信スペースシャワー、地場企業に出資[媒体]
NNAアジア経済ニュース
【韓国】3月訪韓客数12%増、日本が伸び率首位[観光]
NNAアジア経済ニュース
【インドネシア】メーデー、今年は大統領宮殿で5万人がデモ[経済]
NNAアジア経済ニュース
【中国】政府がネット通販の販促イベント、28日から[商業]
NNAアジア経済ニュース
米フォード、新興EVリビアンに5億ドル出資
Reuters
中国経済に依然下向き圧力、減税などで対応=李克強首相
Reuters
イタリア、景気対策を閣議承認 連立政権の対立に注目集まる
Reuters
民主党が弾劾目指すなら最高裁で争う=トランプ米大統領
Reuters
米中通商協議は順調に進捗=米大統領
Reuters
カナダ中銀が金利据え置き、19年成長見通しを下方修正
Reuters
米キャタピラー第1四半期、中国が引き続き軟調 北米は好調
Reuters
英国、ファーウェイの5G参入を限定容認へ=関係筋
Reuters
米ボーイング、事故受け19年予想取り下げ 自社株買い中止
Reuters