新着Pick

特集:米中テック冷戦

【予測】焦るトランプ。米国の「チャイナ・バッシング」が始まる
NewsPicks編集部
秋元 諭宏ワシントンインサイツ LLC 代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
214Picks
【新】「AI人事」の進化で、エリートも格差の時代が到来する
NewsPicks編集部
矢野 和男日立製作所 フェロー
この「旧エリートとニューエリートとの違い」が秀逸。  特に、計画主義から学習主義。まさにここである。これは大きな世界観の違いである。  コペルニクス的な変換といってよい。テーラー以来の一旦うまくいくやり方を見つけて、それを標準化し、横展開するやり方。これがよいことだと思っている多くの会社は発想をきり変える必要がある。  なぜか。計画できないような不確実性の高い課題が多いからである。実際には計画を立てるほどに先が見えない状況で計画を無理に立てて、その審議や稟議を行っている旧来の会社の姿は、無駄のかたまりである。  そのような不確実な状況では、やってみないといけない。すなわち実験が必要なのである。いかにリスクをコントロールしながら実験し、学習していくかが勝負なのである。  しかも、これは一時的な営みではない。常に実験と学習を繰り返すことで人が成長することが最大の成果なのである。このような会社に生まれ変わる必要がある。  そして、このような実験と学習を、継続的にシステマティックに行う最高のツールが人工知能とデータというものの本当の意味である。人の仕事を奪うなどというのは、旧時代のコンピュータやマシンの固定観念しか知らない人、人工知能の実態を知らない人の妄言である。
1974Picks
【直撃】リクルートが実践する「AI人事」のすべてを語ろう
NewsPicks編集部
高橋 俊樹リクルート 人事部
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1111Picks
【保存版・完全図解】テクノロジーで変わる、仕事の未来
NewsPicks編集部
曽根 秀晶ランサーズ株式会社 取締役
これはかなり網羅的にHRtechのトレンドをまとめた保存版記事ですね。 HRtechもかなり広がりを見せてきているので、整理の軸も色々。一般的には採用→配置→育成→評価→エグジットといったプロセスで整理することが多いと思いますが、ここではだれを対象とするか、目的は何かという考え方での整理をご紹介。 まず、toB向けかtoC向けか。toB向けであれば人事向け/織全体向けSaaSや労働力の獲得支援がメイン、toC向けであればキャリア支援などがメイン。 その中でもたとえばtoB向けSaaSのトレンドであれば、①人事の生産性効率化を主な目的としたツール(HRIS=人事情報管理やATS=採用管理)、②個人の能力最大化を主な目的としたツール(TMS=タレント管理やHCM=人財管理やLMS=学習管理)、③組織のエンゲージメント向上を目的としたツール(People AnalyticsやEngagementやOnboarding)。 全体的にHRtechは、人事という機能と対象とした効率化の流れ(=コスト削減)から、より企業全体でのエンゲージメントやオンボーディングといった組織パフォーマンス向上の流れ(=付加価値創造)へと移行してきている気がします。 個人的には、最後の「キャリア台帳」の考え方についてはとても興味を持っています。個人が組織のみに依存しない時代、学歴から「学習歴」が重要になっていく時代に、個人が自身のキャリアを形成し自分の価値を自らプライシングしていくうえでの重要な概念になっていくと思います
1519Picks
【就・転職】「自分探し」は不要、AIが適職を探す時代
NewsPicks編集部
中野 智哉株式会社i-plug 代表取締役CEO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
565Picks
新着ニュース
パドレス牧田は3回1/3無失点 ダイヤモンドバックス戦
共同通信
メルケル独首相、難民の本国送還強化を表明 極右のデモ受け
Reuters
病院の警備員、向精神薬盗んだ疑い 自宅から大量に回収
朝日新聞デジタル
顧客データ流出してない、豪少年のハッキングでアップルが説明
Reuters
グーグル、シカゴに小売旗艦店舗の開設を計画か
CNET Japan
金永春元人民武力相が死去=葬儀委員長に正恩氏-北朝鮮
時事通信社
サイバー攻撃の制約緩和か=米大統領、前政権の方針転換
時事通信社
バジパイ元インド首相死去=98年に核実験強行
時事通信社
円相場、110円88~89銭=17日正午現在
時事通信社
アレサ・フランクリンさん死去=「ソウルの女王」-米
時事通信社
全米数百紙がトランプ氏抗議=社説で報道の自由訴え
時事通信社
学校の新学期開始へ=米拠出金削減で財政危機-国連パレスチナ機関
時事通信社
「民泊」保険、新商品続々=事業者に代わり示談交渉-損保大手
時事通信社
金正男氏殺害事件、来年2月まで公判続行=政治的暗殺排除せず-マレーシア高裁
時事通信社
共謀否定「でたらめ」=元CIA長官、トランプ氏に反撃-米
時事通信社
派遣の雇い止め増加へ=来月末で3年期限到来-法改正後も正社員転換に壁
時事通信社
イラン特別代表にフック氏=原油取引で2次制裁警告-米
時事通信社
プラ製ストロー全廃へ=外食大手で初-すかいらーくHD
時事通信社