新着Pick

特集:新しい会社のカタチ

【超入門】本当のESGランキング
NewsPicks編集部
田中 慎一(株)インテグリティ 財務戦略アドバイザー/代表取締役
超わかりやすい、素晴らしい永久保存版の記事ですね! ESG資本主義の分野で、日本はざっくり10年は世界から遅れていますが、ESG投資規模の成長率で見ると今もっとも高くなっており急速にキャッチアップを図っています。 日本企業の対応の遅れも指摘されていますが、財務情報に加え非財務(ESG)情報を合わせた統合報告書を開示している企業数では実は日本が世界一になっています。 ただ、両者をホッチキスで綴じ込んでいるだけと揶揄されており、実質的で有効な情報が不足していると言われています。 もっとも、ESG?何それ!?儲かるの??なんて言われている日本のビジネス界においては、何はともあれ形から入ることは大切だと思っています。 ゴルフもスコアを上げるには腕を磨く必要があるものの、いいクラブを買い揃えるところから入るのと一緒です。いいクラブを買うと練習するモチベーションが上がり結果的に上手になるものです。 ただ、SDGsやESGの世界は、いわゆる「ウォッシュ」問題があるので、早く魂を注入することが肝要です。 ちなみに、ESG評価機関の評価手法も百花繚乱というか発展途上なので、同じ企業に対するスコアが評価機関によってまったくもってバラバラという事態が普通に起きています。 また、評価機関から企業に対して大量の調査票が送られてきて、担当部署が対応に疲弊しているという話も聞きます。このあたりは洗練されてくるまで時間がかかりそうです。 ESGへの対応と言われてポカンとしている日本企業がまだ少なくありませんが、先進国の欧州では、買い物客がスーパーの商品パッケージの裏側を見てESG(SDGs)的に見てgoodかどうかで選別している姿を見かけます。 日本にいると感じにくいですが、この領域への対応はもはや消費者が求めているから是非を論じいる段階ではなく不可逆の流れ。 さらに、企業にとってシンドイのは対個人消費者ではなく、むしろ法人取引対応です。 ダノン、ナイキ、ユニクロといったESGエクセレント企業と取引している会社は自社がESG対応できていなかったら取引を切られ大きな売上を失うことになります。 新規に取引口座を開く際にも膨大な量の証明資料を提出する必要があったりで対応は待ったなしです。
549Picks
【秘録】シリコンバレーが無視した、ZOOMに投資した異端児
NewsPicks編集部
【必読】クラブハウスを流行らせた投資集団「a16z」
NewsPicks編集部
Koichiro NakamuraSozo Ventures MD
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1199Picks
【必見リスト】社会を良くして稼ぐ、凄いスタートアップ10社
NewsPicks編集部
竹本 祐也株式会社WACUL 取締役CFO
卵が先か鶏が先か、という議論であると常々思います。 今、世界のトレンドとして「地球に良い」という方向に動いています。だから、「地球に良い」を後押しする法規制や流行が先進国を中心にうまれています。つまり、そうした新たな法規制や流行などの後押しによって「地球に良い」が「儲かる」につながることが今、増えているということでしょう。逆にいうと、世界は「地球に良い」を「儲かる」に変えるトレンドを作りにいっている、とも言えます。 『「地球に良い」と「儲かる」が両立するかどうか』というのは、主語が大きすぎる(解像度が低すぎる)ので、自身のビジネスを構築する上では、冷静に「両立するパターンか否か」を見極めるべきだと考えます。「地球に良い」けど「儲からない」ビジネスは必ず近い将来破綻します。 こうした時には、冷静にPEST分析を行うべきです。そのPolitics(政治)の要素には、「地球に良い」を「儲かる」と両立させるためのロビー活動が必要かもしれませんし、Society(社会)などの要素には消費者としての未来予想の正確性が問われると同時にインフルエンサーによる「地球に良い」が「カッコいい」に結び付くような流行の創出も必要かもしれません。 イーロンマスクならまだしも、社会的な影響力のない通常のスタートアップは、この「流れ」を徹底的に予測し、その波が来る前に沖にでて、波が来るまで耐えていなければなりません。また、そこに資金を供給する投資家も、彼らを信じて待ち続けなければなりません。 〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決めるの12の法則(https://amzn.to/3rbI4Uo)に詳しいですが、世の中の“波”は絶対に止められません。だから、徹底してこの“波”を読み、そこで待ち構えることが、スタートアップそしてVCに求められていると思います。
2695Picks
【超入門】VCを学べば、スタートアップが100倍分かる
NewsPicks編集部
加藤 史子WAmazing株式会社 代表取締役社長:経営者
とてもわかりやすいです。VCについては、やはりアメリカ(特にシリコンバレー)がモデルになっているので、彼らの歴史を知るのは意味深いですね。 私も起業してから、初めて、資金調達ラウンドを指していう、シードとか、シリーズAとかシリーズBとかに特に定義がないことを知り、驚きました。(;'∀') つまり、日本語でいうと、株式(エクイティ)による資金調達はすべて、「第三者割当増資」になるため、この資金調達は何回目なのか、会社のステージは今どれぐらいなのか、をわかりやすくするための、いわばシリコンバレースラングが、シードとか、シリーズAとかシリーズBとかなわけです。 なので起業家も意志をこめていろんな名前で呼んでいて、「シードより大きい金額を調達したいけど、ちゃんとした?シリーズAは、追ってやりたいから、プレAと呼ぼう」など、しています。(;'∀') WAmazingもコロナ禍のインバウンドベンチャーなので直近の資金調達は「シリーズBダッシュ」と呼んでおりました。(シリーズBは終わったけど、シリーズCとは呼べない、、、シリーズCはやはりグロースラウンド(成長の方程式が確立した後の燃料投下ラウンドのイメージ)かな、、、と、そんな雰囲気です。) アメリカのYコンビネーターなどは、私は勝手に「起業家のジャニーズ事務所」と解釈しています。たとえば仲間とチームを組んで、事業アイデアを持ってYコンビネーターに入ったとします。すると、「事業アイデアはいいけど、チームは良くないね」とか、その逆もあるわけです。そうするとチームと事業のシャッフルもあると聞きました。そのほうが成功確度が上がるわけですよね。このあたりが、「この子と、この子をくっつけて、●●●というアイドルグループで売り出そう」というジャニーズ事務所にも似ているな、と。Yコンビネーター出身というのはブランドですが、ジャニーズ事務所もブランドですしね。Yコンは投資家とのマッチングができるし、ジャニーズ事務所はテレビなどメディアとのマッチングができる、と。 すみません、すごく自分なりの解釈です。(特に誰にも言ったことないので一般論だとも思えないですが、、)
3869Picks
【直言】再エネの「失われた10年」を取り戻せ
NewsPicks編集部
竹内 純子国際環境経済研究所 理事・主席研究員
「太陽光発電バブル」によって、高利な投資案件としてしか見ない事業者さんを多く市場に参画させてしまったのは確か。ただ、太陽光をまじめにやろうとしている人たちはいるし、太陽光発電の失敗を繰り返さないことが大事です。 その点では、このインタビューからも同じ失敗のにおいを感じます。 >日本でも同じようなベクトルに向かい、洋上風力が普及すればコストが下がらないわけがない。 そりゃ、安くはなりますよ。今よりはね。(といっても今は商業用の浮体式風力は存在してませんが) 日本のFIT開始時も「すぐに安くなる」と言われました。あれだけ高い買取価格でスタートしたら下がるのは当然です。当時の海外でのコストと比較しても異様に高かったわけですから。重要なのは、海外あるいは他の技術と比較して十分安くなるかということです。 >買い取り価格ですが、2019年度までのFITの買い入れ価格では、着床式洋上風力発電は1kW時=36円だったため、事業者は36円を見込んでいたようですが、1kW時=29円上限の公募という想定よりかなり安い価格でした。 →相場観が無い方には36→29円でだいぶ安くなったんだな、ということになるでしょうが、風況が良く遠浅の渚を持つ欧州はもちろん、台湾でも既に2年位前に約9円/kWhになってます。 日本の関連産業基盤が整い、同じコストで建設できれば追いつける価格なのか? そうであってほしいとは思いますが、同じ建設コストで風車を立てたとしても、日本は風況が悪く稼働率が低いので発電量が少ない、したがって1kWhあたりのコストは欧州の倍程度に下げるのが精一杯といった試算も行われています。 http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/wp-content/uploads/2016/09/5b1373f98100f6b52cfb560cb645ba54.pdf この研究を前提に考えると、同じ土俵で日本が勝負するためには、欧州や台湾をはるかに下回る価格で建設・維持できるようにならねばなりません。 洋上風力を否定するわけではなく、再エネが自然条件に依拠する部分が大きく、そのビハインドはいかんともしがたい以上、日本は日本なりに手を尽くさねばカーボンニュートラル達成は夢物語。太陽光を丁寧に徹底的にやる、原子力もチャレンジする、といった総合的な施策が必要になります。
459Picks
【水素、再エネ】大転換で生まれる新ビジネスの現在地
NewsPicks編集部
林田 修一世界銀行グループ MIGA 駐日代表 兼 東南アジア副代表
水素の採算性の話については太陽光や風力発電の黎明期の頃に似ていると思います。 最初は誰も太陽光発電が1c/kWh台になるとは思わなかったと思います。 ガス(LNG)についても中部電力がカタールと長期契約を結ぶまでは長期契約ベースでの投融資が可能とは思われていませんでした。 グリーン水素の生産も発電コストの安い太陽光発電のある国が有利なので今後はLNGのバリューチェーンの様に水素チェーンがそういった国から需要地に発展していくと予想しますので記事にある国に加えてサウジなども生産国として出てきています。 水素は日本にとってはカーボンニュートラルの要素に加えてエネルギー源の多様化という観点からも極めて重要です。 洋上風力についても浅瀬の地形のある英国とは違い日本はすぐに深いドロップオフなので設置できる面積は限られています。ポルトガルや北欧でも取り組みが始まっている海底に固定しない浮体式のパイロットプロジェクトが日本でもありましたが採算性に課題がありそうでした。 https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.sakigake.jp/news/article_amp.jsp%3Fkc%3D20201212CO0097%26usqp%3Dmq331AQRKAGYAbPCisa985iupAGwASA%253D 記事に記載のある通りここら辺の話ついてもNPの次の記事で期待したいです。 水素社会は確実に近づいています。。。 https://search.yahoo.co.jp/amp/s/s.response.jp/article/2020/12/23/341578.amp.html%3Fusqp%3Dmq331AQQKAGYAaD1haGcr5foLbABIA%253D%253D https://r.nikkei.com/article/DGXZQODZ186ZE0Y1A210C2000000?s=4
587Picks
【超図解】3分でわかる商社の脱炭素包囲網
NewsPicks編集部
花谷 美枝NewsPicks 編集部 記者・編集者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1013Picks
新着ニュース
湯元兄弟が聖火リレーを辞退 レスリングの五輪メダリスト
共同通信
メーガン妃のいじめ疑惑に『SUITS』共演者が反論。「彼女を見くびると後悔する」
ハフポスト日本版
「リバウンドの懸念も高まっています」1都3県での緊急事態宣言、2週間延長を発表
ハフポスト日本版
「楽天ゴールドカード」のSPU改悪後は、年会費無料の 「楽天カード」に切り替えるのがおすすめ! 還元率も 旅行保険も同じで、年会費分だけ「楽天カード」が得! - クレジットカードおすすめ最新ニュース
Diamond Online
春の訪れ「びわ湖開き」 コロナで一般客参加なし
共同通信
NYの映画館ようやく再開 観客25%以下が条件
共同通信
米長期金利上昇は回復への期待 財務長官、インフレ否定
共同通信
全日空、100万人分の情報流出 不正利用の恐れはなし
共同通信
大統領の戦争権限見直しへ=「限定的な枠組みに」―米政権
時事通信社
宇宙から来たの? 南三陸町の新種化石、復元模型がキモかわいい【画像集】
ハフポスト日本版
日本の男女格差是正に行動訴え 中満氏「一人一人が声を」
共同通信
Raspberry Pi対抗馬になれるか--「Odyssey」はどこまで使えるか
CNET Japan
MIT、ハチやハエに似た羽ばたいて飛ぶ超小型ドローン--昆虫のように動き、衝突に強い
CNET Japan
不法越境で拘束、15年ぶり高水準=未成年者が急増―米
時事通信社
野村、畑岡、山口は予選落ち 米女子ゴルフ第2日
共同通信
ワクチンの信頼感上昇=国際比較調査、日本は低水準―新型コロナ
時事通信社
全日空、約百万人分の情報流出
共同通信
国連特使「緊急に共同行動を」=ミャンマー情勢で安保理会合
時事通信社