新着Pick

新型コロナ

【異色対談】今、小池都政が目指すべきことを語ろう
NewsPicks編集部
加藤 史子WAmazing株式会社 代表取締役社長:経営者
五輪は東京のブランディングに寄与するが、東京は五輪がたとえ中止になっても世界で戦える都市である。その集積性は魅力だし、人口規模も大きいが、東京の強さは、東京都だけに閉じず、今回のコロナで浮き彫りになったように、1都3県で「東京圏」であることだ。 神奈川都民、埼玉都民、千葉都民という言葉があるように、周辺県は東京への通勤民という形で、人的交流がさかんで生活圏を共有している。 それが緊急事態宣言下では、1都3県が足並みを揃えた理由だし、東京でコロナ感染が広がれば、埼玉など隣接県が「東京へ行くのを控えて」という理由である。 よく東名阪という言い方がされるが、大阪府の人口は882万人、神奈川県の人口は905万人で、東京都は既に隣接県1つのマーケットで、大阪をこえている。 2027年にリニア中央新幹線が開通すれば、品川から40分で名古屋に到着する。さらに延伸され大阪まで伸びると、新大阪まで67分で到着できる。こうなると、東京圏に、名古屋と大阪がくっつくという、「巨大な東京圏」ができることになり、東京圏は、この規模で世界の「都市間競争」と闘っていくことになる。 世界は、既に国家間競争ではなく、都市間競争だ。中国を中国全土で考えると、まだまだ国民1人あたりのGDPは低いが(なんせ14億人近くいて、かつ、農村部と沿岸部の格差は大きい)デジタル化でも世界をリードする中国の姿は、北京上海広州深センといった1級都市群である。 (中国は、県みたいな単位でGDPごとに等級分けしている) コロナで、我々は、どこに住んでいても、リモートで仕事できる自由を実感しつつある。(もちろん職種にもよるが) となると、「巨大な東京圏」で世界と戦いつつ、自然豊かな地域で「豊かな生活と暮らしを満喫する」ということが両立できるのではないかと期待している。 リニア中央新幹線の中間駅となる、長野県飯田市(めっちゃ自然豊か)や中津川市(岐阜県、めっちゃ自然豊か)あたりに、一戸建てを建てたいなぁ、、、とか。(笑)ちなみに、山梨県甲府まで20分である。 小淵沢が将来の軽井沢みたいになったりして??
454Picks
セブン&アイHD、通期純利益予想は45%減 年間配当は98.5円見込む
Reuters
井口 康孝小売関連@アジア
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
86Picks